連帯保証人を要求されると与信状況は良好

連帯保証人の要求があった場合には?

a1180_014403

オートローンと言えば、購入する車種や頭金の金額によっては200万とか300万とか、かなりの高額になる場合があります。

さらに、高級外車になれば1,000万を超えるような金額になる事もありますよね。まあ、高級外車を購入する方はオートローンは使わずに現金払いかも知れませんけど。

 

それはともかく、高額になればなるほど、オートローン申込者の信用情報によっては与信枠を与えきれない事が起きる可能性が高くなってしまいます。

オートローン申込者の信用情報だけでは与信枠を与える事が出来ない場合には、ローン会社ではオートローン申込者に連帯保証人を要求する事になります。

まあ、ローン会社では万が一オートローン申込者がオートローンの支払いが困難になった場合の保証として連帯保証人を要求するのですが、この連帯保証人を要求された場合、このオートローンではどのような意味があるのでしょうか?

 

スポンサーリンク


オートローンで連帯保証人を要求された場合には?

オートローンにおいては、連帯保証人を要求された時点でオートローン申込者自身の与信状況には、金額的な問題以外には特に問題が無い事を意味しています。

それは、連帯保証人を付けてもオートローン審査に通らない場合=オートローン申込者自身に何らかの問題があるには、ローン会社では連帯保証人を要求する前にオートローン審査で落としているからです。

 

まあ、オートローン審査にも人間が関わっていますので、ローン会社ではオートローン審査に通らない事が分かっているオートローン申込者に加えて連帯保証人の審査まで行うという、わざわざ経費が掛かるようなマネはしないのです。

ですので、オートローンで連帯保証人が要求された場合には、オートローン申込者には与信枠以外の問題は無いという事になります。

 

連帯保証人に問題があった場合には?

基本的に、オートローン申込者には連帯保証人の信用情報がどのように登録されているか分かりませんので、連帯保証人を付けてもオートローン審査に落ちる場合もあります。

それに、連帯保証人へ信用情報に事故情報が登録されていますか?などとは聞けないと思いますので、連帯保証人が原因で審査に通らなくてもそれは仕方がありません。

ただ、この場合にはオートローン会社で連帯保証人の変更を要求する事になりますので、オートローン申込者は信用情報に問題が無い連帯保証人を用意する事が出来れば、オートローン審査に通る事が可能になるのです。

※関連記事クレジット契約の連帯保証人になる場合の注意点とは?

 

とは言っても、連帯保証人にはオートローン申込者(今回の場合)がオートローンの支払い困難になった場合には、オートローン申込者に代わってオートローンの支払い義務が発生しますので、身内以外では見つけるのは難しいかも知れませんね。

 

スポンサーリンク






最短即日発行のクレジットカードはこれ



サブコンテンツ

このページの先頭へ