車を買い替える際の販売店選びは慎重に

ローンの残債が残っている場合には注意が必要

a1180_013773

ニコニコ現金一括払いの方は置いておいて、購入金額が高くなりやすい自動車を購入する場合にはオートローンを利用するという方が多いかと思います。

そして、オートローンなので、支払い年数が3年や5年払いという方がほとんどではないか思われます。

 

ただ、車を買い替える際に、現在乗っている車を下取りに出す事があると思いますが、その車にローンの残債が残っている場合には注意が必要です。

余程お金に余裕のある方は、車をオートローンで購入しても短期間で返済してしまうため下取り時にローン残債は無いかと思いますが、そうではない方はローン残債が残ったまま車を買い替える事があるかと思います。

しかし、車を購入すえる自動車販売店によっては、下取り時にローン残債が残っていると思わぬ事態に巻き込まれてしまう可能性があるのです。

 

スポンサーリンク


自動車販売店によってはローン残債を一括返済しない場合もある

通常、下取り車にオートローンの残債がある場合には、 原則としてローン会社に残債を一括返済してから新しい車のオートローンを契約する事になっています。

ただ、この場合には車のユーザーが直接ローン会社にオートローンの残債を支払うのではなく、自動車販売店がユーザーに変わってオートローンの残債をローン会社に一括返済する事が多いです。

これは、自動車販売店が下取り車を買い取り、買い取ったお金でローン会社にオートローンの残債を一括返済する事になります。

 

しかし、資金繰りが悪い自動車販売店の中には、オートローンの残債を一括支払いせずに、毎月ユーザーの引き落とし口座に残債を支払うか、もしくはユーザーの名前でローン会社の口座に振り込むという方法を使うところがあるのです。

自動車販売店にとっては、下取り車が売れれば銀行からオートローン残債額相当の融資を受けた事と同様になりますが、この時点ではユーザーのオートローン残債支払いが完了していません。

そして、この場合で万が一自動車販売店が倒産してしまうと、下取り車のオートローン残債額をユーザーが支払わなければならなくなるのです。

 

下取り車のオートローン残債が残ってしまったら?

下取りに出した車のオートローンの残債が支払われていない事が発覚したら、該当するローン会社に相談する方法があります。ただ、新しい車のローン会社と下取り車のローン会社が違う場合には、ローン会社から自動車販売会社に交渉してもらえないことがあるのです。

例えば、下取り車のローン会社がA社で、新しい車のローン会社がB社の場合、A社に相談してもオートローン残債の一括支払いは義務付けられてしないため、自動車販売店への一括請求権が発生しない事が多いです。

また、B社に相談してもあくまで下取り車のローン残債はA社のものなので、交渉のしようが無いのです。

 

ですので、このような事が起きないために、下取りに出した際に完済証明を出してもらうか、毎月口座のチェックを行い不審な引き落としが続いているようであればローン会社に確認を行ったうえで自動車販売店に抗議して下さい。

そして、抗議が受け付けられない場合には、消費者センターに行く、警察に相談するなどと話せば、対処してくれる可能性があります。まあ、不正を行っているのは自動車販売店なので、抗議する側としては自動車販売店が対処する事はごく当たり前なんですけどね。

 

スポンサーリンク






各種保険完備&クレヒス修行用に最適な1枚はこちら



サブコンテンツ

このページの先頭へ