「クレジットカード審査の基本を抑える」の記事一覧(3 / 8ページ)

職種で有利になる場合もあるのです

a0006_000465

クレジット審査やオートローン審査においては、一流企業に勤務している方や公務員の方は企業の信用度が高いため、一般企業に勤務している方や自営業の方と比べクレジット審査やオートローン審査で有利になります。 ですので、クレジット・・・

申込者の年齢はさまざまです

a0003_001742

クレジットカード審査においては、下は18歳から上は上限無し(とは言ってもあまり高齢になると難しいですが)と、クレジットカードに申し込める年齢の幅がとても大きい事が分かります。 とは言っても、未成年の方は学生も含めて親権者・・・

住民票の徴収が行われる理由

a0002_010623

クレジットカード審査において住民票の役割とは、クレジットカード申込者の身分証明書の1つであると共に、クレジットカード会社が本人確認のために会社独自で徴収する、この2つがあります。 ただ、通常クレジットカード審査では、クレ・・・

申込場所は慎重に選ぶ必要があります

a0003_001832

ショッピングクレジットやオートローンでは、大手家電量販店やフェア会場に来ている金融会社の社員と直接面談して申し込むと、通常の家電量販店やディーラーの社員の申し込む場合と比べクレジットやローン審査に通りやすくなります。 ※・・・

ショッピングクレジットの申込場所とは

a0003_001909

ショッピングクレジットやオートローンの場合、クレジット審査やオートローン審査の申込場所は基本的にそれらに加盟している店舗になりますよね?大手家電量販店や自動車ディーラーなどなど。 その他にも、美容であればエステサロンや美・・・

転居先の届出はしっかり行いましょう

a1180_013156

最近、クレジットカード会社ではクレジットカードの利用請求書の郵便による発送をやめてWeb明細書に切り替えているところが多くなっています。 我が家でも、複数あるクレジットカードの請求書の内、半分はWeb明細書に切り替えて必・・・

住所の虚偽申告は郵便物が届きません

a1180_014448

過去に延滞などがあった住所からの申し込みは、個人信用情報機関の信用情報に延滞時の住所が登録されている限りクレジットカード審査で落ちる可能性が極めて高くなります。 ですので、過去に延滞があった方は、クレジットカード審査に通・・・

生年月日は正直に申告しましょう

a0002_007898

クレジットカード審査に不安のある方は、まずは個人信用情報機関に登録されている信用情報の開示請求を行い、自分の信用情報がどのように登録されているのかを確認してから、クレジットカード審査の対策を考えるべきです。 ただ、クレジ・・・

姓名の申告に嘘はいけません

a1640_000317

クレジットカード審査では、クレジットカード申込書に自分の属性情報を記入する必要があり、この属性情報と個人信用情報機関の信用情報を元にクレジットカード会社ではクレジットカード発行の可否を判断します。 ただ、過去に延滞や債務・・・

姓名を変更出来れば審査で有利になります

a1180_005754

過去に延滞や債務整理など、クレジットカードやローン関係で事故を起こした方で、個人信用情報機関の信用情報に事故情報が登録されている方にとっては、事故当時から可能な限り属性情報の変更をしなければクレジットカード審査に通る可能・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ