「クレジットカード審査の基本を抑える」の記事一覧(5 / 10ページ)

住所の虚偽申告は郵便物が届きません

a1180_014448

住所の虚偽申告はやめた方が良いです 過去に延滞などがあった住所からの申し込みは、個人信用情報機関の信用情報に延滞時の住所が登録されている限りクレジットカード審査で落ちる可能性が極めて高くなります。 ですので、過去に延滞が・・・

生年月日は正直に申告しましょう

a0002_007898

生年月日は正確に申告することです クレジットカード審査に不安のある方は、まずは個人信用情報機関に登録されている信用情報の開示請求を行い、自分の信用情報がどのように登録されているのかを確認してから、クレジットカード審査の対・・・

姓名の申告に嘘はいけません

a1640_000317

姓名の虚偽申告はどうなの? クレジットカード審査では、クレジットカード申込書に自分の属性情報を記入する必要があり、この属性情報と個人信用情報機関の信用情報を元にクレジットカード会社ではクレジットカード発行の可否を判断しま・・・

姓名を変更出来れば審査で有利になります

a1180_005754

比較的簡単に出来る姓名の変更方法とは? 過去に延滞や債務整理など、クレジットカードやローン関係で事故を起こした方で、個人信用情報機関の信用情報に事故情報が登録されている方にとっては、事故当時から可能な限り属性情報の変更を・・・

独身よりも既婚者が審査では有利になります

a1600_000125

カード審査では独身と既婚者で違いが出ます 現在の日本では、2005年度の国勢調査で15歳以上の既婚者の方が約6,400万人、独身の方が約3,000万人と既婚者の方が独身よりも2倍強多い事になっています。 ただ、近年では若・・・

他社借入金額は審査時に分かります

a1640_000213

クレジットカード審査では他社借入金額も重要 大抵の場合、クレジットカード申込書には他社借入金額を記入する欄があります。この他社借入金額とは、その名の通り今回申し込むクレジットカード以外で利用しているクレジットカードや各種・・・

複数申込では間隔を空けることが重要

a0002_008641

カードの複数申し込みは注意が必要 クレジットカード審査では、個人信用情報機関の信用情報を照会しますので、信用情報にクレジットカードの申込情報が複数登録されていると、それだけでクレジットカード審査に落ちる可能性が高くなりま・・・

審査段階で旧姓時の延滞が判明する可能性がある

a0002_007027

旧姓時の延滞情報はバレるのか? 過去にクレジットカードで延滞を起こしてしまったが、その後結婚や養子縁組などを行って別姓になったという方もいると思います。延滞時から別姓になったのでクレジットカードが欲しくなる方もいるでしょ・・・

プロバイダ料金の回収は収納代行会社

a0002_010623

プロバイダ料金の滞納はカード審査に影響するのか? 通常、私達がインターネットを利用するためには、NTTなどの回線事業者に支払う回線使用料の他に、特定の業者を通してインターネットに接続するためのプロバイダ料金がありますよね・・・

連帯保証人を要求されると与信状況は良好

a1180_014403

連帯保証人の要求があった場合には? オートローンと言えば、購入する車種や頭金の金額によっては200万とか300万とか、かなりの高額になる場合があります。 さらに、高級外車になれば1,000万を超えるような金額になる事もあ・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ