「個人信用情報機関の一覧と役割」の記事一覧

個人信用情報機関におけるアラームの発動

a0002_004089

来年秋の消費税10%への増税のため、現在自民党内では激しい論戦が展開されているようですが、アベノミクス効果が及んでおらず給料が据え置きという会社が多い中小企業などでは、消費税が増税された場合にはより一層消費が冷え込むと予・・・

開示申請書の住所は信用情報の登録期間内まで

a1640_000177

クレジットカード審査やローン(クレジット)審査の前には事前準備として個人信用情報機関へ信用情報の開示申請を行い、自分の信用情報がどのように登録されているのかを確認する必要があります。 特に、過去にクレジットカードやローン・・・

開示請求は過去の事故情報によります

a1640_000190

現在日本には、CIC、JICC、KSCと3つの個人信用情報機関があります。そして、それぞれの個人信用情報機関には加盟している金融会社があります。 CICやJICCには流通系や信販系、消費者金融系など、またKSCには銀行系・・・

個人信用情報機関では開示報告書の開示のみ

a0003_001904

以前クレジットカードやローンなどで金融事故を起こしてしまった当時の住所や勤務先から変更があり、現在は新しい住所に住んで新しい勤務先で働いていたとします。 そして、金融事故を起こしてから数年経過したので、今後のクレジットカ・・・

開示報告書での見るべきポイント

a1640_000109

クレジットカード審査に通るためには、個人信用情報機関に登録されている信用情報にどのような情報が登録されているのか?が非常に重要になってきます。 この信用情報に事故情報が登録されていると、クレジットカード審査ではほぼ100・・・

KSCへの開示請求によるメリットやデメリット

a0001_016148

この全国個人信用情報センターとは、日本にある銀行系金融機関が加盟している個人信用情報機関になります。銀行では融資業務がありますので、ほぼ日本の全ての銀行系金融機関が加盟しているといっても過言ではありません。 そして、銀行・・・

JICCへの開示請求によるメリットやデメリット

a0001_016137

このJICCですが、日本に昔からあった個人信用情報機関の全国信用情報センター連合会(全情連)が、同じく昔からあった個人信用情報機関のCCBやテラネットと合併して平成21年8月1日に設立された個人信用情報機関になります。 ・・・

CICへの開示請求によるメリットやデメリット

a0001_016120

当ブログでは、度々クレジットカードの審査前には個人信用情報機関へ登録されている信用情報の開示請求を行い、信用情報に登録されている内容を元にクレジットカードの申込を行って下さいと説明してきました。 特に、カード審査に通らな・・・

事故情報について

a1640_000112

クレジットカード審査では、個人信用情報機関に登録されている信用情報が非常に重要になります。それは、ここに登録されている情報にネガティブな情報があるようだとクレジットカード審査に通らない可能性が極めて高くなるからです。 ま・・・

各個人信用情報機関の信用情報と登録期間

a1180_013576

前回から引き続き、今回も個人信用情報機関編になります。そこで、今回の記事では、現在日本にある3社の個人信用情報機関それぞれの信用情報の登録内容や登録期間について説明していきますね。 実は、これら個人信用情報機関へ、あなた・・・

1 / 212
サブコンテンツ

このページの先頭へ