CICへの開示請求によるメリットやデメリット

CICへの開示請求について

a0001_016120

当ブログでは、度々クレジットカードの審査前には個人信用情報機関へ登録されている信用情報の開示請求を行い、信用情報に登録されている内容を元にクレジットカードの申込を行って下さいと説明してきました。

特に、カード審査に通らない、落ちてばかりの方は信用情報の開示請求は必須になりますので必ず行って下さいね。

ただ、中には信用情報の開示請求を行った場合には、開示請求を行った事実が各クレジットカード会社に知れ渡ってしまい、クレジットカード審査では不利になるのではないかと考えている方もいるようです。

 

そこで、現在日本にある個人信用情報機関(CIC、JICC、KSC)に開示請求した場合のメリットやデメリットについて、今回から順次説明していきますね。

 

スポンサーリンク


CICに開示請求した場合のメリットはこちら

CICに開示請求した場合のメリットですが、これは現在CICに自分の信用情報がどのように登録されているのかを知る事が出来る点ですね。

CICの信用情報に申込情報や事故情報などを登録出来るのは、CICに加盟している金融会社だけなので、CIC自体が信用情報に申込情報や事故情報などを登録する事は出来ません。ただ、いくらCICに加盟している金融会社であっても全ての情報を登録している訳では無いんですよね?

 

例えば、顧客の支払い情報ですが、某金融会社ではクレジットカード利用代金の通常支払いの場合には、信用情報の支払い情報欄に支払い済みの$マークを付けないという事があるのです。

つまり、いくらクレジットカード利用代金を毎月きちんと支払っていても、クレジットヒストリーを積み重ねる事が出来ない可能性があるのです。

また、確か昨年だったと思いますが、某携帯電話会社が顧客の支払い情報を未入金として処理していた問題がニュースで取り上げられましたね。

 

さらに、自分ではすでに支払い済みだったものが実は未払いになっていたり、登録されているはずの事故情報が登録されていなかったりと、実際に信用情報を開示してみないと分からない事実も結構あるのです。

ですので、クレジットカード審査に不安のある方は、クレジットカード申込前に信用情報の開示請求を行った方が良いです。

 

CICに開示請求した場合のデメリットはこちら

デメリットですが、これはCICの場合には開示手数料としてインターネットや郵送の場合は1,000円、窓口交付の場合は500円の手数料が掛かる点ですね。まあ、CICも加盟している金融会社が登録している信用情報を管理している訳なので、この手数料は仕方ないところです。

※関連記事各個人信用情報機関の一覧を教えてください

 

しかし、この程度の手数料でクレジットカード審査の事前対策が立てられると思えば、安いものではないでしょうか?ただ、事前対策を行っても審査で落ちる場合がありますので、そういった方はこちらの柔軟審査のクレジットカードで再出発した方が良いでしょう。

そして、信用情報に自分の知らない事故情報が登録されていた日には、いくらクレジットカードに申し込んでも落ちる可能性が高いので、それを予防出来ると思えばこの手数料も大した負担にはならないのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク






最短即日発行のクレジットカードはこれ



サブコンテンツ

このページの先頭へ