ブラックを解除する事は可能なのか?

信用情報ブラックの解除について

a1640_000081

個人信用情報機関に登録されている信用情報がブラックの方は、何とかブラック情報(事故情報)を解除したいと考えていると思います?現在は、日本はもとより海外でもクレジットカードが普及しており、クレジットカードが無いと不便に感じてしまう事もしばしばあります。

また、クレジットカードを使う事により、分割払いや夏や冬のボーナス1活払いなど、カード利用代金の支払いを先延ばしにする事が可能なので、クレジットカードがあると何かと便利なのです。

 

しかし、クレジットカードのブラック情報が解除出来ないと、クレジットカードを持つ事はもちろん、ボーナス一括払い(ショッピングクレジット)にも所定の審査がありますので、これも使う事が出来ません。

ですので、クレジットカードのブラック情報を解除したいと考えるのですが、果たしてクレジットカードのブラックは解除する事が出来るのでしょうか?

 

スポンサーリンク


果たしてクレジットカードのブラックは解除可能なのか?

これは、答えがハッキリしており、こちらからはクレジットカードのブラック情報を解除することは出来ません。というか、これは当たり前ですよね?

まあ、ちょっときつい言い方になりますが、自分でクレジットカードのブラックになっておきながら、それを解除したいと思ってもそんな簡単に出来る訳がありません。クレジットカードのブラック情報が簡単に解除出来たら、クレジットカード会社の損害が大きくなるばかりですから。

 

それじゃあカードのブラックはいつ解除出来るのか?

クレジットカードのブラック情報は、個人信用情報機関のところでも説明しましたが、登録されてから原則5~10年間は消えません。

※関連記事クレジットカードの信用情報にはどんな内容が登録されているのか?

 

しかし、ここで注意して欲しい事があり、それはブラック情報が個人信用情報機関へ登録されている期間は、可能性は低いもののどうやってもクレジットカード審査に通らないという訳ではないのです。

これは一体どういう事か?それは、個人信用情報機関にはブラック情報が5~10年間登録されていますが、あくまでクレジットカードの審査は各クレジットカード会社が行います。

そして、すべてのクレジットカード会社が同じ基準で審査をしている訳では無く、個人信用情報機関にブラック情報が登録されていても、各クレジットカード会社の判断でクレジットカード審査に通る場合があるのです。(可能性は低いですけど)

 

ちなみに、カードのブラックが解除された場合、クレジットカード審査で重要なクレヒスが全くない状態になりますので、そういった方は過去にクレヒスが無い状態でも審査に通ったクレジットカードがお勧めです。

 

ブラックでも持てたクレジットカードとは?

例え個人信用情報機関へブラック情報が登録されていても、実はクレジットカードが作れた方法があるのです。(経験済み)

まあ、私は過去にクレジットカードでかなり痛い思いをしてきましたから、元金融業者のアドバイスを元にそっち系の情報は結構持っており、そういった情報を何人かに実践してもらった経緯があります。ただ、痛い思いをしたと言っても、それは全て自分で蒔いた種ですけどね。

 

そこで、今回は実際に信用情報にブラック情報が登録されていても持てたクレジットカードについて説明しますね。そのカードとは、リボルビング払い専用のクレジットカードに申し込んだ事、たったこれだけです。

ちなみに、リボルビング払いとは、クレジットカードの利用代金を毎月一定額だけ支払って行く方法になります。毎月一定額を支払っていくという事は分割払いと似ていますので、毎月リボルビング払い手数料というものが掛かってきます。

そして、このリボルビング払い手数料は当然ながらクレジットカード会社に入るのです。

 

つまり、リボルビング払い専用という事は、クレジットカードを使えば使うほどクレジットカード会社にリボルビング払い手数料が入りますので、クレジットカード会社が儲かる訳ですよね?ですので、通常のクレジットカード審査よりも審査基準が甘くなっている傾向があるようです。

それと、クレジットカード会社にとってリボルビング払いは儲かりますので、最近は私のところへクレジットカード会社からクレジットカードの支払いをリボルビング払いに変更しませんか?というDMやメールがたくさん来ます。

この事からも、クレジットカード会社がいかにリボルビング払いを推奨しているのかが良く分かりますよね。

 

スポンサーリンク






最短即日発行のクレジットカードはこれ



サブコンテンツ

このページの先頭へ