ブラックでも結婚したらカードが作れるって本当?

結婚したらブラックの方でもクレジットカードが作れるのか?

a1180_013293

一昔前のクレジット業界では、信用情報に事故情報が登録されていても、結婚して姓や住所が変わればクレジットカードや各種ローン審査に通る事が出来ると、ある意味ブラックから脱出する手段として認識されていました。

確かに一昔前には、現在ほど各個人信用情報機関間の交流はなく、A個人信用情報機関には事故情報が登録されているがB個人信用情報機関には事故情報が登録されていない事がありました。

そのため、B個人信用情報機関だけに加盟している金融会社のクレジットカードや各種ローン審査に通ったという事例が数多くありました。

 

ただ、近年では各個人信用情報機関の統廃合が繰り返されてきており、情報交流もさかんに行われるようになってきたので、先ほど説明したような手段は通用しなくなっているのが現状です。

そこで、今回は記事タイトルでもあるクレジットカードがブラックでも結婚したらカードは作れますか?について説明しますね。

 

スポンサーリンク


クレジットカードがブラックの方が結婚してもカード作成は難しい

結論から書きましたが、いくら結婚して本籍や姓が変わったとしても、それだけでクレジットカードが作れるほど世の中甘いものではありません。

そんなに甘かったら、クレジットカードがブラックの方は、どんどん結婚してしまいかねませんから。というか、本籍や姓を変えるのは何も結婚だけではありませんけど。

 

その理由として、結婚して姓が変わってしまうと、新しい氏名では個人信用情報登録機関に登録されているはずの信用情報が何も無い状態になってしまいます。

そして、個人信用情報機関へ信用情報の登録が無い場合、クレジットカード会社から過去に任意整理や自己破産している可能性ありと疑われてしまうのです。

 

ただ、これが20代前半であれば、初めてクレジットカードに申し込んだのではないかと思われ、過去の事故情報まで詳しく調べられない可能性は十分あります。(年齢に関係なく慎重に調べる会社もあります)

しかし、これが30代よりも40代、40代よりも50代と、年齢が高くなればなるほど信用情報の登録が無い場合には、過去の事故情報を徹底的に調べる傾向があるのです。

 

ですので、そういった方が通常のクレジットカード審査に申し込んでも落ちる可能性が高くなりますので、まずはクレジットカードでの実績作りが必要になってきます。この中には、過去にクレヒスが全く無い状態でのカード審査可決実績のあるクレジットカードもありますから。

 

過去の事故情報はどうやって判明するのか?

クレジットカード会社では、過去に事故を起こしている可能性のある申込者に対して、クレジットカード審査の際に下記の方法によって個人信用情報機関へ登録されている信用情報と類似情報が無いかを調査します。

 

職場情報

実家を継ぐ、実家に入る、男性の自宅へ、あるいは女性の自宅へ入るという場合以外は、結婚すれば大抵住所は変わるものですが、今の不景気のご時勢では専業主婦にでもならない限り結婚=退職にはならない場合が多いのではないでしょうか?

すると、いくら住所や姓が変わっても、職場情報で調べられてしまいますので、そこで下の名前と生年月日や職場情報が一致すれば結婚する前の情報が判明してしまうのです。

 

住民票の提出

住民票には、現住所の他に前住所が記載されているため、金融事故を起こしてから住所が変わっていない、または1回の引越しでは、クレジットカード会社が住民票の徴収を行った場合に事故当時の住所が判明してしまいます。

 

免許証の提出

免許証には、免許証番号が記載されているため、免許証番号が一致すれば結婚前の情報が判明してしまいます。

※免許証は再発行のたびに末尾番号が変わりますが、末尾番号以前の番号は変わらないため、クレジットカード取得のための再発行は無駄です

 

保険証の提出

保険証には保険者番号や記号番号が記載されているため、保険者番号や記号番号が一致すれば結婚前の情報が判明してしまいます。

 

と、このように個人信用情報機関へ登録されている信用情報と類似情報との一致を調査しますので、例え結婚したからと言ってもクレジットカード審査に通る事は難しいというのが現状ですね。

 

スポンサーリンク






最短即日発行のクレジットカードはこれ



サブコンテンツ

このページの先頭へ