クレジットカード審査でのキャッシングは要注意

a1180_012754クレジットカードには、通常のショッピング枠とATMで直接現金を借りる事が出来るキャッシング枠が付いています。とは言っても、このキャッシング枠は、平成22年に施行された借入金総量規制に含まれますので、枠自体をゼロにしている方もいるかと思います。

まあ、基本的に個人信用情報機関の信用情報や属性情報があまり良くない方以外では、クレジットカード作成の際にキャッシング枠も付いている場合が多いですけど。

 

ただ、このクレジットカードのキャッシングですが、消費者金融からの借入ではないにしても直接現金を借入れる事が可能なため、クレジットカード審査に影響があるのではないかと思っている方がいるようです。

それでは、果たしてクレジットカードのキャッシングはクレジットカード審査に影響するのでしょうか?

 

スポンサーリンク


カードのキャッシングは金額と回数によって影響する可能性がある

一言でキャッシングと言っても、毎月1回数万円だけの方や、毎月複数回、数ヶ月に1回など、そのケースは人それぞれ違いますよね?ですので、キャッシングの種類によってはクレジットカード審査に影響する場合としない場合があるのです。

そこで、肝心のクレジットカードのキャッシングの種類によるクレジットカード審査への影響ですが、キャッシングの金額も少なく利用回数が1ヶ月に1回、半年間でも3回以内であれば、クレジットカード審査に影響を与える可能性は低くなります。

この理由としては、いくら少額のキャッシングとは言っても、毎月何回もキャッシングを行っている場合には、クレジットカード会社から常日頃から生活資金に困っている可能性があると判断されるためです。

 

確かに、普通に考えても毎月少額でも頻繁にキャッシングを行っていれば、それだけでも日々生活して行くのが大変だと分かりますから。

ただ、いくらキャッシングの利用回数が少なくても、1回の利用金額が30万とか40万以上になってくると、回数よりも金額面でクレジットカード審査に影響する可能性がありますので注意が必要です。

 

カードのキャッシングを使っている場合には

先程も説明しましたが、クレジットカードのキャッシングを毎月1回以上、半年でも3回以上利用している場合には、クレジットカード審査で落ちる可能性が高くなります。

一時的に毎月の支払いがきつくなって仕方が無くキャッシングを使う事があるかも知れませんが、1ヶ月に2回も3回、それも複数のカードで行った場合には、クレジットカード審査で落ちる可能性がかなり高くなりますのでカードへの申込はやめた方が良いです。

また、そういった方は毎月のキャッシング回数を減らす、または控えてキャッシング残高を減らした上で、審査に申し込めばキャッシング残高が残っている場合と比べて審査に通る可能性がありますよ。

 

さらに言えば、これは元多重債務者の私だからこそ分かりますが、カードによるキャッシングを繰り返していると気が付かないうちに多重債務への道を進んでいる場合もありますので、キャッシングは計画的に行うようにして下さい。

 

スポンサーリンク






各種保険完備&クレヒス修行用に最適な1枚はこちら



サブコンテンツ

このページの先頭へ