再発行審査は通常審査よりもやさしい

a0001_017439うっかりクレジットカードを財布ごと落としてしまった、車中に置いておいたクレジットカードが盗まれてしまったなど、それほど数は多くないかと思いますが、クレジットカードの盗難や紛失はゼロでは無いですよね?

あとは、しばらく使っていなかったクレジットカードが行方不明になってしまったなどなど。(実体験あり)

クレジットカードの盗難や紛失は、その後クレジットカードの不正利用に繋がる可能性が高いので、あまりやってはいけない事になりますが、盗難や紛失に遭ってしまった場合には、すぐにクレジットカード会社や警察に届ける必要があります。

 

ちなみに、クレジットカードの盗難や紛失に遭ってしまったので、クレジットカードの再発行をする場合ですが、再発行を依頼すれば必ずクレジットカードが発行されるという訳ではなく、実は簡単な審査があるのです。

それでは、このクレジットカード再発行時の審査とは、一体どのような事を調べるのでしょうか?

 

スポンサーリンク


クレジットカード再発行時の審査とは?

このクレジットカード再発行時の審査ですが、これは何もクレジットカード審査申込時のような、属性情報や信用情報を細かくチェックするという訳ではありません。

クレジットカード再発行審査では、該当するクレジットカードでの過去の延滞歴や未入金の有無がチェックされるのです。

 

基本的に延滞や未入金が無ければカードが発行されます

つまり、盗難や紛失やに遭ってしまったクレジットカードで、過去に延滞や未入金が無ければクレジットカードが再発行される可能性は極めて高くなります。

逆に言えば、該当するクレジットカードで過去に延滞や未入金があり、クレジットカード会社にこのままクレジットカードを持たせておくのは危険だと判断されてしまえば、クレジットカードの再発行停止になってしまうのです。

そして、再発行停止になってしまうと自社ブラックに登録=今後そのカード審査に通る可能性が低くなりますので、そういった方は別途取得難易度が低いクレジットカードの作成をお勧めします。

 

該当するクレジットカードの残債や軽度の延滞はOKの場合あり

該当するクレジットカードの残債額が多かったり、過去に軽度な延滞が数回(2回程度)あった場合には、クレジットカードが再発行される可能性は高いです。

つまり、多少の延滞があったとしても、延滞以外では毎月しっかりと支払いを継続さえしていれば、例え残債額が多くてもそれは再発行審査では問題にならない可能性が高くなるんですね。

ただ、クレジットカード入会時の審査が厳し目な銀行系のクレジットカード会社では、数回程度の延滞があるとクレジットカードの再発行が見送られる可能性もありますので、銀行系クレジットカードの場合は注意が必要です。

 

スポンサーリンク






各種保険完備&クレヒス修行用に最適な1枚はこちら



サブコンテンツ

このページの先頭へ