配偶者のブラックが判明すると大変です

配偶者のブラックは色々なところへ影響が出る

a1180_003138

夫婦間では、クレジットカード利用代金の支払い窓口が1つではなく、お互いが別々にクレジットカード利用代金を支払っていると、お互いのクレジット関係の情報ってあまり知らない事が多いですよね?

夫婦共働きでお互いが毎月給料をもらっているのであれば、自分のカード利用に関しては自分で管理している方が多いかも知れませんね。

ただ、こういった場合、クレジットカードの利用代金を毎月きちんと支払っているのであれば特に問題にはなりませんが、片方が任意整理や自己破産などの債務整理を起こしてしまうと問題になってくるのです。

 

そこで、今回の記事では、配偶者のブラックが判明するとどうなるのか?について説明しますね。

 

スポンサーリンク


クレジットカードが使えなくなる可能性がある!?

配偶者が任意整理や自己破産などの債務整理を起こした場合には、当然ながら個人信用情報機関の信用情報に事故情報が登録されます。

この事故情報は、信用情報に一定期間登録されますが、この期間内に夫(妻)が持っているクレジットカード会社が途上与信を行った場合には、住所や電話番号などが一致すれば配偶者の情報も一緒に出てくる事になります。

※関連記事クレジットカードの信用情報にはどんな内容が登録されているのか?
※関連記事法定途上与信とは一体どういうものですか?

 

つまり、この時点で配偶者が債務整理を起こしている事が判明してしまうのです。普通に考えれば、夫(妻)が債務整理を起こしている場合には、その家庭の生活も厳しいのではと思いますよね?

この事は、クレジットカード会社にも当てはまり、夫(妻)が借金で困っているのであれば救済するのが夫(妻)の役目であり、それが出来ないという事は本人の生活も厳しいのではないのか?と判断されてしまいます。

仮に、夫(妻)が多重債務の件を配偶者に隠しており、夫(妻)がその事実を知らなかったとしても、そんな事情はカード会社では判断する事が出来ません。その結果、夫(妻)のクレジットカードが利用停止や強制解約になる可能性があるのです。

 

官報に掲載される場合もある

ちなみに、自己破産や個人再生は官報に掲載されますので、独自に官報情報を収集しているクレジットカード会社のクレジットカードを持っていると、この会社独自のデータベースからも配偶者の債務整理情報が判明する事になります。

※関連記事自己破産とは具体的にどういう事ですか?
※関連記事個人再生とは具体的にどういう事ですか?

 

いくら自分がクレジットカード利用代金を毎月きちんと支払っていたとしても、配偶者が原因でクレジットカード審査に通らない事やクレジットカードの利用停止や強制解約になる可能性があります。

ですので、配偶者の借金についてはお互いが把握しておく必要がありますよ。

いくら配偶者が原因だからと言っても、クレジットカード審査においては結局最後は自分の身に降りかかってくるのですから。

 

スポンサーリンク






最短即日発行のクレジットカードはこれ



サブコンテンツ

このページの先頭へ