クレジットカードの発行日数

クレジットカードの発行日数はどれくらい?

a0001_008210

自分はこのクレジットカードが欲しい、私はあのクレジットカードが欲しいなど、現在の日本には1万種類以上のクレジットカードがありますので、各個人によって欲しいクレジットカードは異なると思います。

そんな時、気になる事は、クレジットカード審査に申し込んでから実際にクレジットカードが発行されるまでの日数になるかと思います。

全ての方がそうだとは言いませんが、大抵の方は欲しいと思ったらクレジットカードに限らずどのような商品でも早く手に入れたいと思うのではないでしょうか?

 

ただ、商品に関しては店舗に在庫があればすぐに手に入れる事が出来ますし、在庫が無ければ取り寄せも可能でありその場合店員さんに聞けばある程度の(とは言ってもかなり正確な)納期をおしえてもらえますよね?

しかし、クレジットカードに関しては、各カードによって審査→カード発行までの日数が異なっている場合が多々あり、またクレジットカード会社へ連絡して発行までの日数を聞く方もあまりいないと思われます。

そこで、今回の記事ではクレジットカードの審査→発行までの日数について説明しますね。

 

スポンサーリンク


クレジットカードの発行日数には色々な要素が絡んできます

クレジットカードの発行日数ですが、クレジットカード会社によってはサイトにカード発行までの期間が記載されている場合があります。審査~カード発行までおよそ2週間、約1週間前後などという記載の事になります。

ですので、カード会社のサイトにカード発行までの日数が記載されているのであれば、まずはその記載されている発行日数を目安にクレジットカード審査に申し込んで下さい。

また、最短即日審査、翌営業日発行という記載の場合、即日審査はあくまでも最短であって必ず即日で審査が完了するという訳ではありませんので注意が必要です。

 

ちなみに、この発行日数の目安ですが、必ずこの発行日数でクレジットカードが発行されるという訳ではありません。それは、クレジットカードの発行日数には色々な要素が絡んでくるからです。

 

クレジットカードの発行が遅れる原因

ここでは、クレジットカードの発行が遅れる原因についていくつか説明させていただきますね。

 

クレジットカードのキャンペーン中

クレジットカードのキャンペーン中の場合、通常時の申込と比べてその数は多くなる可能性が高くなります。そして、申込件数が多くなるという事はクレジットカード審査に時間が掛かり、その分カード発行までの日数も伸びてしまう可能性があります。

もっとも、申込件数が増えるという事は、それだけ審査件数も増える=審査に時間が掛かるため、結果クレジットカードの発行までに時間が掛かってしまいます。

 

申込者の属性や信用に問題あり

クレジットカード審査では、申込者の属性情報や信用情報を自社の審査基準と照らし合わて調査を行い、その結果自社の審査基準を上回っていればクレジットカードの発行となります。

そして、自社の審査基準を明確に下回っていた場合にはクレジットカードは発行されませんが、申込者が審査基準の微妙なラインにいる場合、もう少し詳細な調査、さらにはクレジットカード会社の審査担当の判断を仰ぐことになります。

その結果、通常の審査時間よりも時間が掛かるため、クレジットカードの発行も伸びてしまいます。

 

クレジットカード会社の休日と重なってしまった

これは、ただ単にクレジットカード審査に申し込んだ日がクレジットカード会社の休日だったという事になります。クレジットカード会社が休日の場合、機械による自動審査を導入している会社であれば審査だけは行われます。

ただ、クレジットカードの発行、送付となると、そこには人の手が加わる事になるため、結局カードの発行はクレジットカード会社の休日明け以降になってしまいます。

 

と、ここまでクレジットカードの発行日数について説明してきましたが、場合によっては発行までに時間が掛かる可能性がありますので、クレジットカード会社のサイトに記載の発行日数は、あくまで目安として頭の中に入れておいて下さいね。

 

スポンサーリンク






最短即日発行のクレジットカードはこれ



サブコンテンツ

このページの先頭へ