クレジットカード審査では実績が重要です

クレジットヒストリーが無い方はどうすれば良いのか?

a0782_000823

クレジットカード審査では、申込者の利用実績=クレジットヒストリーがとても重要になります。

ただ、過去に延滞や債務整理などを起こした方は、その後5年程度は基本的にクレジットカードや各種ローンを利用する事が出来ませんので、当然ながらクレジットヒストリーを積み重ねる事が出来ません。

※関連記事クレジットヒストリーがクレジットカードの審査に与える影響とは?

その後、個人信用情報機関の信用情報から事故情報が消えるのを待ってからクレジットカードや各種ローンに申し込んでも、クレジットヒストリーが無いために審査で不利になってしまうのです。

 

それでは、過去に延滞や債務整理を起こしてしまい、クレジットヒストリーが無い方は一体どうすれば良いのでしょうか?

 

スポンサーリンク


クレジットヒストリーが無い方は実績作りが重要

これは、ごく当たり前の事ですが、クレジットヒストリーが無い方はクレジットヒストリーを作る必要があります。

今まで、金融ブラックだった方は、個人信用情報機関の信用情報から事故情報が削除されてしまえば、再度クレジットカードや各種ローンが使えると勘違いしている方がいるようですが、世の中そんなに甘いものではありません。

そういった方は、クレジットヒストリーが無いので、まずは実績作りが重要になるのです。

 

ただ、普通にクレジットカードに申し込んでもクレジットカード審査で落ちる可能性が高くなりますので、もっと通りやすい商品=ショッピングクレジットで実績を作れば良いのです。

このショッピングクレジットとは、家電量販店や家具店・宝石や貴金属店などで取り扱っているものですが、この家電量販店や家具店・宝石や貴金属店で商品をショッピングクレジットで購入するのです。

 

ショッピングクレジットは、そんなに激甘という訳ではありませんが、クレジットカード審査と比べれば審査に甘い傾向がありますので、まずはショッピングクレジットで実績を作って下さい。

そして、ショッピングクレジットで実績を作れば、実績が無い方と比べはるかにクレジットカード審査に通る可能性が高くなりますから。

 

ショッピングクレジットで狙い目の商品は?

いくらショッピングクレジットとは言っても、どの商品でも審査に通りやすいかと言うと、実はそうでも無いのです。ですので、ショッピングクレジットでは、狙い目の商品に絞る必要があります。

そこで、狙い目の商品ですが、家電品が審査に通りやすい傾向があります。とは言っても、換金性の高いパソコンやビデオカメラなどは避けた方が良いです。

※関連記事クレジットカード審査において短期間での申込商品が与える影響とは?

 

ショッピングクレジット会社の選び方とは?

ショッピングクレジット会社の選び方ですが、過去に自分が延滞や事故を起こした会社は避けて下さい。これは、その会社に過去の事故情報が登録されている可能性が極めて高いからです。

ですので、過去に自分が延滞や事故を起こしていないショッピングクレジット会社で、かつその会社が利用可能な家電量販店で商品を購入して下さいね。

その後、ショッピングクレジットで支払い実績を作ってから同じ会社のクレジットカードに申し込めば、クレジットカード審査に通る可能性が高くなりますから。何事もそうですが事前準備は重要になりますよ。

 

スポンサーリンク






各種保険完備&クレヒス修行用に最適な1枚はこちら



サブコンテンツ

このページの先頭へ