実際にはカード会社から選別されています

クレジットカード会社が顧客を選んでいる

a0001_016683

当ブログでも再三に渡って書いてますが、現在の世の中はクレジットカード社会になっており、またインターネットが普及していてネット上には数多くのクレジットカード情報が流れています。

さらには、ごく一部のクレジットカード会社では有名なタレントを使ってテレビCMを流しています。ですので、私たちはそういった情報を元に目的のクレジットカード審査へ申し込む事になります。

この事を見れば、私たち日本人は日本にある数多くのクレジットカードの中から目的のクレジットカードを選んでいるとも言えますよね?ただ、実際には私たちがクレジットカードを選んでいるのではなく、クレジットカード会社が顧客を選んでいるんですよね。

 

スポンサーリンク


クレジットカードには審査がある

これは当然ですが、目的のクレジットカードを持つためにはクレジットカード会社による審査があります。このカード審査では、申込者の属性情報や信用情報をスコアリングによって機械的に審査して、ボーダーライン上の方は審査部門の人間によって最終的な審査が行われます。

※関連記事クレジットカード審査におけるスコアリングとは一体何の事ですか?

 

そして、クレジットカード審査に通ればクレジットカードは発行されますが、審査に落ちるとクレジットカードは発行されずに個人信用情報機関へ申込情報のみが登録されます。

ここであなたは、それじゃあ、別のクレジットカードに申し込めば良いのでは?と思うかも知れませんが、別のクレジットカード会社でも審査を行う=顧客の選別を行っているのです。

そりゃそうですよね?クレジットカード会社では、今後自社の利益になりそうな顧客を獲得したいので、利益になりそうもない申込者にはクレジットカードなんて発行する訳にはいかないのですから。

 

この時点で、すでにクレジットカード会社が顧客を選別している事が分かっていただけたと思いますが、中には自分がクレジットカードを選んでやっていると思い込んでカード会社へクレームをつける方がいるんですよね。

 

基本的に審査に落ちた理由は教えません

クレジットカード審査なので、審査に通る方もいれば審査に落ちる方もいます。ただ、基本的にクレジットカード会社では審査に落ちた理由は教えません。

それは、クレジットカード審査の詳細はクレジットカード会社の重要機密情報だからです。重要機密情報を簡単に教えてしまったら、いろいろと小細工をする方が増えてしまい、結果カード会社に不利益をもたらす可能性が出てしまいます。

 

ただ、クレジットカード審査に落ちた方の中には、どうして審査に落ちたんだと、クレジットカード会社へ半ば切れ気味に電話をする方がいるようですが、これは百害あって一利なしです。

というのも、クレジットカード会社では審査落ちに対する案内文言はマニュアルで決まっているため、申込者が怒ろうが怒鳴ろうが決められた文言を話すだけなんですね。

 

さらに、クレジットカード審査の際にこういった問題行動を起こした方は、大抵の場合自社ブラックに登録される可能性が高くなりますので、カード会社へ文句を言う事は決して行ってはいけないのです。

カード審査に申し込む際には、あくまで私たちはクレジットカード会社から選別されているいう事を忘れてはいけません。

 

スポンサーリンク






最短即日発行のクレジットカードはこれ



サブコンテンツ

このページの先頭へ