電話番号の虚偽申告はしても無駄です

電話番号の虚偽申告はどうなの?

a0055_000963

久々に、クレジットカード審査における虚偽申告シリーズ(?)について説明しますね。そこで、今回の虚偽申告の例ですが、属性情報の中の1つでもある電話番号になります。

この電話番号は、クレジットカード審査で本人確認の際に使われる目的と共に、過去の延滞や債務整理などの事故情報がある方と今回のクレジットカード申込者が同一人物か否かを判断するための材料にもなってくる、極めて重要な役割を持っているのです。

※関連記事クレジットカード審査では必ず本人確認や在籍確認はありますか?

 

ただ、過去に金融事故を起こしている方の中には、何としてでもクレジットカード審査に通りたいがために、電話番号の虚偽申告をしてみようと考えている方 がいるようですが、果たして電話番号の虚偽申告は大丈夫なのでしょうか?

 

スポンサーリンク


氏名と電話番号の一致で事故情報が抽出される

クレジットカード審査では、クレジットカード申込者の氏名や電話番号、住所などのうち2つの属性情報が個人信用情報機関の信用情報に登録されている属性情報と一致すると、同一人物として抽出されます。

つまり、この抽出された人物の信用情報に事故情報が登録されている=今回のクレジットカード申込者が過去に金融事故を起こしている事がすぐに分かってしまいます。

※関連記事クレジットカード審査で特定の属性により本人の延滞情報がバレる?

 

ですので、過去の事故情報が分からないようにするために電話番号の虚偽申告を考える事は、理論的には合っているように思えます。

ただ、電話番号の虚偽申告をしたとしても、その電話番号でクレジットカード申込者本人と繋がらなければ本人確認が出来ませんので、虚偽申告可能な電話番号は限られてしまいます。

 

親と別居しているが実家の電話番号で申告した場合にはどうなる?

親と別居している場合で、自分の電話番号では無く実家の電話番号でクレジットカード審査に申し込んだとします。

ただ、いくら実家の電話番号を使ったとしても、その電話番号でクレジットカードや各種ローンを使っていれば、それらの利用履歴が個人信用情報機関の信用情報に登録されていますので、その利用履歴から大方の住所が判明します。

そして、信用情報に登録されている住所と今回申込があった現住所が離れているにも関わらず電話番号が一緒の場合には、クレジットカード会社では現住所の裏付け作業に入りますので、そこで電話番号の虚偽申告がバレる可能性が極めて高くなります。

 

さらに言えば、実家と現住所が同一市内で無い場合には、電話番号の識別番号が異なりますので、クレジットカード会社にすぐにバレてしまいます。ですので、クレジットカード審査ではこの様な小手先だけの手法(?)は使わない事が良いです。

 

スポンサーリンク






最短即日発行のクレジットカードはこれ



サブコンテンツ

このページの先頭へ