複数申込では間隔を空けることが重要

カードの複数申し込みは注意が必要

a0002_008641

クレジットカード審査では、個人信用情報機関の信用情報を照会しますので、信用情報にクレジットカードの申込情報が複数登録されていると、それだけでクレジットカード審査に落ちる可能性が高くなります。

※関連記事6ヶ月間に申し込めるクレジットカードの枚数は何枚くらいですか?

 

確かに信用情報にクレジットカードの申込情報が複数あれば、クレジットカード会社から見ればかなり印象が悪くなるのは当たり前なのですが、実はクレジットカードの申込の速さによっては本来通ったであろうクレジットカードまで通らなくなる可能性があるのです。

本来であれば通っていたはずのクレジットカードも、とある理由で通らなくなるなんて、クレジットカードが欲しい方にとってはこれほど残酷な事はありませんよね?そこで、今回の記事では、クレジットカードの複数申込がその後の審査に与える影響について説明しますね。

 

スポンサーリンク


その申込で結果がくつがえってしまう?

クレジットカードの申込情報は、信用情報から6ヶ月間で削除されます。ですので、この期間内でクレジットカードに申し込む場合には多くても3枚程度に抑える必要があります。

そして、信用情報に申込情報が無くクレジットカード申込者の属性情報も良好で、個人信用情報機関及びクレジットカードを申し込むクレジットカード会社で過去に延滞を起こしていない場合には、特に問題無くクレジットカードが発行される可能性が高いです。

ただ、クレジットカードが発行される前に別のクレジットカードに申込を行うと、本来通ったはずの最初のクレジットカードまで通らなくなる可能性があります。

 

焦りは禁物です

というのも、基本的にクレジットカード会社では、クレジットカード審査の際にまずはクレジットカード利用限度額を決めるための仮審査を行い、その結果に問題が無ければ本人在籍確認を行った後に信用情報に申込情報として登録します。

この際に仮審査時のデータは削除される訳ですが、仮審査を始める前には前には無かったはずの他社申込情報が登録されていた場合には審査結果が覆る可能性があるのです。

※関連記事クレジットカードの申し込みには事前準備が必要だと聞きましたが?

 

というか、ただでさえ信用情報に6ヶ月間に複数の申込情報が登録されていればクレジットカード審査で不利になるにも関わらず、この場合は1社目のクレジットカードに申し込んだ後すぐに2社目に申込を行っている事になります。

まあ、1社目のクレジットカード審査の最中に2社目のクレジットカードの申込情報が信用情報に登録されるというのは、1社目後にかなりの速さで申し込まない限りはありえない話なんですが、実際にはそういった方がいるのも事実なんですけど。

あまりクレジットカード審査について詳しくない方の中には、同時に2枚とか3枚のクレジットカードに申し込む方もいるようですから。

 

でも、こんな短期間に複数のクレジットカード申込があれば、申し込んだクレジットカード会社から不審に思われるのも仕方ありませんよね。

ただ、どうしても何らかのクレジットカードが欲しいという方は、こちらのクレジットカード審査に申し込むということも選択肢としてはありかと思います。こちらのカードは、他社と比べて審査が柔軟(期間限定も含む)になっていますから。

 

しかし、そうでない方は短期間にクレジットカードを申し込む場合、適度に間隔を空けてから、または1社目のクレジットカード審査の結果が出てから2社目の申込を行って下さい。何事にもそうですが、焦りは禁物ですよ。

 

スポンサーリンク






最短即日発行のクレジットカードはこれ



サブコンテンツ

このページの先頭へ