健康保険証による審査結果について

健康保険証には種類がある

a0001_016474

クレジットカード審査では、必ず身分証明書の提出が求められますよね?この身分証明書の中には、運転免許証や健康保険証、住民票の写しやパスポートなどがあります。

そして、この身分証明書の健康保険証ですが、大まかに分けると一般的にある程度の会社勤務の方が持っている通常の健康保険と主に自営業の方が持っている国民健康保険の2種類があります。

※関連記事クレジットカード審査における身分証明書の一覧表

 

ただ、この健康保険と国民健康保険ですが、保険を受ける事が出来るという点では同じですが、その中身は微妙に異なりますよね?また、一般的に国民健康保険はサラリーマンじゃない方や老人の方が持っている=身分証明書としての価値が低いと思われがちです。

そこで、今回の記事では、クレジットカード審査において健康保険証の種類で審査結果が違うのか?について説明しますね。

 

スポンサーリンク


健康保険はクレジットカードよりも消費者金融で差が出る!?

クレジットカードには、ショッピング枠とキャッシング枠がありますが、大抵の場合ショッピング枠を重視している方が多いと思われるため、クレジットカード審査では健康保険証の種類による差はあまり無いようです。

これに対して、消費者金融からのキャッシングとなると、もろにお金を借りるため=経済的に苦しいという固定概念があります。

消費者金融からお金を借りる方の中には、給料日までのつなぎ的な意味でとりあえずキャッシングをしているのかも知れませんが、クレジットカード会社から見ればカード申込者のそういった事情はまったく分からないのですから。

 

国民健康保険の加入者は自営業者

国民健康保険には主に自営業者が加入しているため、消費者金融のキャッシングは自営業の運転資金に使われるのではないのか?という考えが、消費者金融にはあります。

まあ、キャッシングが運転資金に使われた場合、自営業者が破綻した際には回収が困難になりますので、これは仕方ありません。

 

健康保険は国民健康保険よりも社会的な信用がある

健康保険に加入しているという事は、それなりの規模の会社に勤務しており、勤務していれば継続的な収入も約束されているため、自営業者が主な加入者の国民健康保険よりも 社会的な信用があるようです。

ただ、会社勤務なのに国民健康保険の方は注意が必要です。それは、会社勤務で国民健康保険の場合、実は正社員では無い、自営業者が会社勤務と偽っている可能性があるなどの理由から、クレジットカード審査ではマイナス材料になってしまいますから。

 

スポンサーリンク






最短即日発行のクレジットカードはこれ



サブコンテンツ

このページの先頭へ