クレジットカード審査とip電話について

クレジットカード審査では電話番号の記入は必須になります

a1180_008881

クレジットカード審査では、申込者がきちんと存在するのか?について確認するために、クレジットカード申込書に電話番号を記入する箇所があります。

これには、一旦クレジットカード審査に通したは良いものの、その後のカード利用代金の支払いが滞ってしまった時に、利用代金の支払い督促の為申込書に記載されていた電話番号に電話を掛ける事が主な目的になっています。

クレジットカード会社はボランティアでクレジットカードを発行している訳ではありませんので、顧客のカード利用代金は何としても回収する必要があり、回収出来ない場合には不良債権になる=会社に損害を与えてしまう事になります。

 

ですので、審査に申し込む際には申込書にきちんと連絡先電話番号を記入する必要があるのですが、この電話番号にip電話番号を記入すると審査ではどのような影響が出るのでしょうか?

 

スポンサーリンク


そもそもip電話とは何ですか?

このip電話、その実態をあまり知らないという方が多いかも知れませんので、まずはip電話について説明しますね。

IPネットワークの技術を使って音声通話を実現するサービス。ブロードバンド・サービスを提供するプロバイダーから、付加サービスとして提供されることが多い。この場合、インターネットにつながる専用の機器に通常の電話機を接続して利用でき、IP電話専用の「050」で始まる電話番号が使えるようになる。

出典:ASCII.jpデジタル用語辞典

 

ここで言うIPネットワークとは、簡単に言えばインターネット接続の事になります。つまり、このip電話とは、インターネットへの接続業者(so-netやBIGLOBE、OCNなど)から提供されている電話サービスの事になるのです。

そして、電話番号の頭数字が050から始まる番号、これがip電話になっているんですね。恐らく、過去にあなたの固定電話や携帯電話にも050から始まる電話番号から着信があったのではないでしょうか?

クレジットカード審査とip電話

そこで、記事の本題に戻りますが、クレジットカード審査では申込者本人の電話番号の記入が必須になっており、電話の種類としては固定電話や携帯電話、さらに今回の記事で取り上げたip電話があります。

そして、審査では万が一の時のために本人と確実に連絡が取れる可能性が高い固定電話が有利(固定電話は簡単に移動する事が出来ないため)となっていますが、近年の携帯電話の普及状況から携帯電話でもそれほど不利になっている訳ではありません。

 

それでは、ip電話はどうなっているのかというと、ip電話が有利になるという訳ではありませんが、それほど不利になるという訳でもないんですよね。

というのも、近年ではインターネットの普及によって、このip電話もかなり普及してきているためです。確かに、ip電話はプロバイダから提供されている電話になるため、プロバイダを変更する=ip電話番号も変更になります。

つまり、ip電話はプロバイダさえ変更すれば電話番号を変える事が可能になっているのです。ただ、ip電話だからクレジットカード審査はNGにしてしまうと、近年の普及状況から見ればクレジットカード会社は多くの顧客を失う可能性が出てきてしまうのです。

 

さらに言えば、基本的にip電話の番号は固定電話に振り分けられるため、引越しでもしない限りは例えプロバイダが変わったとしても固定電話自体は申込書に記載の住所にありますので、比較的本人と連絡が付けやすいのです。

そのため、クレジットカード審査では、ip電話だとしても審査に有利にはなりませんが、それほど不利にもならないのです。

もちろん、各クレジットカード会社によってどの属性情報を重要視しるのか?は違いますので一概には言えませんが、固定電話に比べてip電話が極端に不利になるという事は無いと思われます。

 

スポンサーリンク






最短即日発行のクレジットカードはこれ



サブコンテンツ

このページの先頭へ