自己破産申請中のカード審査申込について

自己破産申請中にカード審査申込は可能なのか?

a1640_000401

クレジットカード審査では、その申込についての制約は年齢制限以外には特にありませんので、原則満18歳以上で高校生以外の方であれば、いつもでクレジットカード審査に申し込む事が可能です。

ですので、中には自己破産申請中にも関わらず、クレジットカードが欲しいがためにクレジットカード審査に申込をしたい方がいるようです。

 

まあ、今の世の中ではクレジットカードが無いと不便だと感じる事が多々ありますので、自己破産申請でクレジットカードが使えなくなったとしても、新たに1枚クレジットカードが欲しいと思うのかも知れません。

というか、自己破産の申請=多重債務になってしまったのだから、一度自分自身を見直した方が良いのでは思いますけど。それはともかく、自己破産申請中の方がクレジットカード審査に申し込んでも問題は無いのでしょうか?

 

スポンサーリンク


自己破産の申立情報は信用情報に登録される

これは、今更説明する必要は無いかと思いますが、ここではあえて説明しますね。裁判所に自己破産の申立を行った場合には、各個人信用情報機関には下記のように自己破産の申立情報が登録されます。

■CICには申立の日時と共に異動情報が登録
■JICCには申立の日時と共に破産申立情報が登録
■KSCでは申立の日時とその情報が登録(その後官報に掲載されればその情報も登録)

つまり、自己破産の申請を行ってしまうと、各個人信用情報機関の信用情報にその旨登録されますので、この状態ではクレジットカード審査に申し込んだとしても落ちる可能性が極めて高く(というか100%)なります。

 

うまくクレジットカード審査に通ったとしても・・・

自己破産申請時の属性情報から、ほとんど全ての属性情報を変更出来た場合には、ほぼ別人になるためクレジットカード審査に通る可能性があります。まあ、現実では難しいでしょうけど。

ただ、奇跡的にクレジットカードが作れたとしても、自己破産申請中の場合には免責許可が下りていませんよね?自己破産では免責許可の決定を受けて初めて債務が無くなりますので、免責許可の決定を受けていない場合には債務全額が残っている状態になります。

 

そして、免責不許可事由の中に自己破産する事が分かっていながら新たに借金をした場合というのがありますので、自己破産申請中にクレジットカード審査に申込をして作った場合にはこれに抵触する可能性があるのです。

また、いくら属性情報を変更してクレジットカードを作ったとしても、自己破産では免責許可または不許可の決定を出す前に裁判官による尋問がありますので、この尋問の際にその事が発覚しないという保証はどこにも無いのです。

そして、自己破産申請中にも関わらずクレジットカードを作った事が発覚した場合には、詐欺的な借金として免責不許可になる可能性があり、結果自己破産しても債務が残ったままになってしまうという、最悪の結果を招く事にもなりかねません。

 

たかだかクレジットカード1枚のために、免責不許可になってしまっては、今後の未来が見通せなくなってしまいます。ですので、自己破産申請中は何もせずに、免責許可の決定が出るのを待っている方が良いです。

 

スポンサーリンク






最短即日発行のクレジットカードはこれ



サブコンテンツ

このページの先頭へ