クレジットカード審査で会社に電話は掛かってきますか?

クレジットカード審査では基本的に電話がある

a0001_016543

クレジットカード審査では、架空の人物からの申込や過去に金融事故を起こしている方からの申込など、クレジットカードを発行した後、万が一顧客と連絡が取れない、またはカード利用代金の支払いが滞ってしまう可能性を排除するために、基本的にクレカ審査の際に申込者の会社へ在籍確認の電話を掛ける事になります。

もっとも、クレジットカード会社も慈善事業でクレカを発行している訳ではありませんので、カード発行後に起こりうる不測の事態に備える事は、ごく当たり前と言えますよね?

特に、架空の人物とまでは言わなくても、申込者本人がカード申込書に記載の勤務先会社へ本当に勤務してないければ、仮に審査に通してカードが発行されても収入が無い=カードの利用代金が支払われない可能性がありますので、この会社への電話はかなり重要な役割を持っているのです。

 

ただし、クレジットカード審査では、必ずカード申込者の勤務先会社に電話があるとは限りません。場合によっては会社への電話が無くてもカード審査に通る可能性があるのです。

 

スポンサーリンク


クレジットカード審査で会社に電話が無いケース

基本的に、クレジットカード審査ではカード申込者本人の年収確認のため、申込書に記載のあった会社へ実際に申込者本人が勤務している=申告のあった年収があるのか?を確認するためカード会社の担当者が電話を掛ける事になります。

この際、きちんと申込者の在籍確認が取れればその後のカード審査がスムーズに進む可能性が高くなりますが、逆に在籍確認が取れない=年収があるのか疑わしいという事になりますので、結果としてカード審査に通らない可能性が高くなってしまいます。

特に、勤めている会社の規模が大きく、部署ごとに専用の電話番号や内線番号がある場合には、カード審査申込の際にその旨を記載しておかないと在籍確認が取れない可能性があるため注意が必要になります。

 

そこで、クレジットカード審査で会社に電話が無いケースですが、これは個人信用情報機関の信用情報に直近(半年程度)での各種金融商品の成約情報が記載されている場合になります。

※関連記事信用情報にはどんな内容が登録されているのか?

この理由としては、カード審査では申込者の現在及び過去の金融商品の利用状況をチェックするために、申込者の金融商品利用状況が登録されている個人信用情報機関の信用情報を照会する事になります。そして、この信用情報に重大な延滞や金融事故情報が登録されていた場合には、ほぼ問答無用で審査に落ちる事になります。

※関連記事信用情報における異動の扱いとは?

 

ただ、カード会社では信用情報の延滞や金融事故情報以外にも、カード申込者の直近での金融商品申し込み状況もチェックしており、ここに金融商品の成約情報が登録されていた場合には、会社への電話が掛かって来ない場合があるのです。

※関連記事6ヶ月間に申し込めるクレジットカードの枚数

というのも、同業他社とはいえ直近での金融商品の成約情報があるという事は、つまり他社で在籍確認が完了している可能性が高い=自社で会社へ電話をする必要が無いという事になるんですね。

もっとも、信用情報に同業他社での成約情報が登録されていたとしても、勤務している会社へ電話が掛かってくるケースもありますが、掛かって来ないケースもありますので、覚えておいていただければと思います。

 

スポンサーリンク






最短即日発行のクレジットカードはこれ



サブコンテンツ

このページの先頭へ