クレジットカード審査における借入の影響はこれです

クレジットカード審査と他社借入の関係

a0002_008014

クレジットカード審査では、カード申込書に自分の属性情報や信用情報など、クレジットカード会社が申込者を正確に判断するための必要な情報を記入する必要があります。

そして、どのクレジットカード申込書の必要事項にも他社借入金額という項目があります。この他社借入金額とはその名の通り、あなたが現在同業他社からどれだけの借入があるのか?について問われている金額になります。

ちなみに、クレジットカード審査で他社借入金額を記入しなければならない理由としては、申込者が現在の借入総額をきちんと把握しているのか?審査に通りたいがために嘘の申告をしていないか?など、カード会社が申込者にクレジットカードを発行しても良いのか?を確認するためなんですね。

 

スポンサーリンク


他社借入は正直に申告すること

先程も少し書きましたが、クレジットカード審査に申し込む際には現在あなたが借り入れている同業他社からの借入金額を正確に記入する必要があります。

というのも、クレジットカード審査では、審査の際に個人信用情報機関の信用情報を照会して申込者の信用情報を調査する事が可能=現在の他社借入金額もすぐに把握する事が出来るからです。

 

この時、申込書に記載の他社借入金額と信用情報に登録されている他社借入金額にかなりの差があると、申込者が現在の他社借入金額を把握していないか?もしくは虚偽の申告と考えれます。

そして、現在の他社借入金額を把握していないという事は、今後クレジットカードを発行したとしても計画的な利用が出来ない可能性があり、また虚偽の申告の場合には申込者を信用するに値しないと判断されてしまうのです。

特に、クレジットカードはカード会社と顧客との信用取引になりますので、虚偽の申告がある=信用するに値しないことになるため、クレジットカード審査では不利になる可能性が高くなってしまうんですね。ですので、クレジットカード審査では、この他社借入は正確に記入する事が必要になります。

 

他社借入がクレジットカード審査に及ぼす影響とは?

他社借入がクレジットカード審査に及ぼす影響についてですが、クレジットカードにはショッピング枠とキャッシング枠の2通りの利用枠があり、キャッシング枠は総量規制の対象となっています。

つまり、他社借入金額次第では、クレジットカード会社がカードを発行したくても総量規制に引っ掛かってしまい、結果審査に通らない事になってしまうのです。

他の属性や信用情報、例えば勤務先情報や年収、居住年数などが良好であっても、この他社借入金額がすでに総量規制に引っ掛かっていると審査に落ちる事になりますので、現在他社借入金額が総量規制に引っ掛かっている場合には、他社借入を減らしてからカード審査に申し込んで下さいね。

 

この借入だけはやめて下さい

この他社借入ですが、例え総量規制に引っ掛かっていなくてもとある借入先からの借入があると、それだけでクレジットカード審査に悪影響を及ぼす可能性があります。

そこで、この借入先ですが大手消費者金融ではなく中小の消費者金融からの借入になります。というのも、大抵の人は消費者金融からお金を借りる場合、まずはアコムやアイフルなどの大手消費者金融に審査申込をすると思います。

そして、大手消費者金融の審査に通ってそこから借入を行えば、中小の消費者金融からお金を借り入れる必要はありませんよね?

 

つまり、中小の消費者金融からの借入があるという事は、大手消費者金融の審査に落ちたのか?あるいは大手消費者金融の審査には通ったものの借入限度額が低くて生活費が足りないため中小の消費者金融からも借入を行っていると判断されてしまうのです。

大手消費者金融の審査に落ちたのは何かしらの理由があるからであって、また生活資金が足りないという事は生活に困窮している可能性がありますので、中小の消費者金融から借入があるとクレジットカード審査では不利になる可能性が高くなります。

 

スポンサーリンク






最短即日発行のクレジットカードはこれ



サブコンテンツ

このページの先頭へ