クレジットカード審査での公務員の扱いはこうなります

クレジットカード審査における公務員の立場

a0002_003045

クレジットカード審査には、毎日ありとあらゆる職業の方が申込を行っています。公務員や会社社員、自営業やパートやアルバイト、派遣社員、さらには学生など、その種類を細かく分けると10種類程度はありますよね。

そして、クレジットカード審査によっては、審査で有利になる職業と不利になる職業があり、一般的には会社の正社員であれば派遣社員やパート、アルバイトよりも審査では有利になる可能性が高くなっています。

その理由としては、クレジットカード審査では毎月継続した収入があるのか否か?が重要な審査項目となっており、一般的に派遣社員やパート、アルバイトのような不定期雇用よりも常に雇用が約束されている正社員の方が今後継続的な収入を得る事が出来ると判断されるためです。

 

ですので、クレジットカード審査では毎月継続して安定した収入がある会社の正社員が有利になる傾向が高くなっていますが、会社の正社員よりも毎月継続して安定した収入を得ている職業があります。

その職業が公務員になるのですが、この公務員はクレジットカード審査ではどのような扱いを受けるのか?について今回の記事で説明しますね。

 

スポンサーリンク


公務員について

まずは、公務員とは一体どのような人なのか?について説明しますね。

公務員(こうむいん、英: public servant, civil servant)は、国および地方自治体、国際機関等の公務(en:public service)を執行する人のこと。または、その身分、資格のこと。国際機関の職員は国際公務員といい、中央政府に属する公務員を国家公務員、地方政府(地方自治体)に属する公務員を地方公務員という。

出典 ウィキペディア

 

説明するとは言っても、ウィキペディアの説明を貼り付けただけですが、国及び地方自治体、国際機関などの公務を行っている人の事ですね。中央政府とは総務省や財務省などの省庁を指しますし、地方政府とは都道府県庁や市区町村役場などの事を指します。

 

クレジットカード審査において公務員は絶大です

先程も説明しましたが、公務員とは国及び地方公共団体に勤務している人になります。そして、国及び地方公共団体に勤務しているという事は、私たちが支払っている税金から毎月給料が支払われているんですね。

税金なので、毎年ほぼ一定水準で国や地方公共団体にお金が入る事になり、それは私たちが生きている限り半永久的に続くことになる=公務員の給料も半永久的に毎月一定水準で支払われる事になるのです。

さらに言えば、公務員は一般企業の社員と比べて世の中の景気に左右される事がありませんので、自分で退職しない限りは定年退職まで毎月安定した収入を得る事が出来るんですね。

 

半永久的に毎月の給料が支払われる公務員ですから、それをクレジットカード会社が放っておく訳がありません。それは、クレジットカード審査では毎月継続した収入があるという重要な条件があるためです。

ですので、クレジットカード審査では、一般企業に勤務している社員や自営業、パート、アルバイトなどよりも、公務員の方が優遇される=審査に通る可能性が高くなっています。

もっとも、いくら公務員だからといっても、現在の他社借入残高やカード保有枚数などの他条件によっては審査に通らない可能性もあります。これは何も公務員に限った事では無いので他の職業の方も注意が必要になります。

 

スポンサーリンク






最短即日発行のクレジットカードはこれ



サブコンテンツ

このページの先頭へ