居住形態や居住年数は重要です

クレジットカード審査での居住形態や居住年数

a1180_014607

クレジットカード審査では、申込者の居住形態や居住年数についても重要な役割を持っています。それは、申込者の住んでいるところが自分の持ち家なのかアパートなのか?またそこに住んでからまだ日が浅いのか長いのかによって、スコアリングの点数が異なってくるからです。

※関連記事クレジットカード審査におけるスコアリングとは一体何の事ですか?

そして、このスコアリングの点数は、カード審査への影響が大きいので、良い点数を取るためにはある程度の居住年数はもちろんの事、居住形態についても重要になってくるのです。

 

そこで、今回の記事では、クレジットカード審査で居住形態や居住年数がどう見られているのか?について説明しますね。この事を知ることによって居住形態や居住年数の基準が分かっていただけると思います。

 

スポンサーリンク


有利になる居住形態とは

居住形態には、自己所有や家族所有、借家やアパートなど、いくつかの種類がありますよね?ただ、クレジットカード審査では有利になる居住形態があり、それは

自己所有(戸建・マンション)>家族所有(戸建・マンション)>借家・賃貸マンション>アパート>間借り・下宿

という順番になっています。まあ、自己所有の戸建やマンションがあれば、単純にそれだけの経済力があるという事になりますので、借家やアパートなどと比べるとクレジットカード審査で有利になるのは当たり前のような気がしますよね?

逆に、間借りや下宿は一般的にお金に余裕が無い方が多い居住形態になりますので、クレジットカード審査で不利になるのも仕方が無いところです。

 

居住年数はどうなのか?

クレジットカード審査では、余程の事がない限り居住年数が1年以上あれば、それが理由で審査に落ちる事は少ないようです。

ただ、これには少し例外があって、自己所有や家族所有の戸建やマンションであれば、極端な話居住年数が1ヶ月程度であってもクレジットカード審査で不利になる事がありません。

これは一体どういう事かと言うと、クレジットカード会社から新築や自宅を購入した場合には居住年数が少なくて当たり前と判断されるからです。

 

まあ、クレジットカード審査では自己所有や家族所有の戸建やマンションは、それだけで有利になりますので、他の居住形態での居住年数と比べると多少居住年数が少なくても特に問題になるような事は無いようです。

また、自己所有の場合には、賃貸居住と比べ簡単に引越しをする事が難しいと判断されますので、この点においても有利になるのです。

 

居住形態がアパートで居住年数が少ないと不利になる

居住形態がアパートで居住年数が1年未満の場合には、転勤などの止むを得ない事情がある場合を除いてクレジットカード審査では不利になる可能性が極めて高くなります。

というのも、クレジットカード会社では、万が一顧客の延滞が続いた場合には住民票などで追跡調査をかけるのですが、この調査には手間が掛かります。

手間が掛かるという事は、それだけ経費も掛かる事になるため、クレジットカード会社では万が一のためにも顧客の定住性を重視しているのです。

 

基本的に居住年数の裏付けは取らない

基本的にクレジットカード審査では、基本的に居住年数の裏付けを取る事はありません。ですので、実際の居住年数が6ヶ月の場合にクレジットカード申込書の居住年数に1年と記入しても 、これがクレジットカード会社に分かる事は基本的にありません。

ただ、居住形態や居住年数に多少の不安がある方は、こちらの柔軟審査のクレジットカードがお勧めになります。

ちなみに、クレジットカード申込書に居住年数1年と記入した場合には、過去1年以内に旧住所でクレジットカードを作っていると、個人信用情報機関の信用情報にその事が登録されていますので、クレジットカード会社に居住年数の嘘がバレてしまいます。

 

スポンサーリンク






最短即日発行のクレジットカードはこれ



サブコンテンツ

このページの先頭へ