申込者の年齢はさまざまです

クレジットカード審査と年齢について

a0003_001742

クレジットカード審査においては、下は18歳から上は上限無し(とは言ってもあまり高齢になると難しいですが)と、クレジットカードに申し込める年齢の幅がとても大きい事が分かります。

とは言っても、未成年の方は学生も含めて親権者の同意が必要になりますので、実質自分の意思だけでクレジットカードに申し込める年齢は20歳以上からになります。まあ、未成年でも働いていれば親権者の同意は得られるとは思いますけど。

 

ただ、これだけ年齢の幅が大きいと、ある年齢によってはクレジットカード審査に通る事が難しくなる条件があるのです。そこで、今回の記事ではクレジットカード審査で申込者の年齢による審査結果の違いについて説明しますね。

 

スポンサーリンク


20歳前後でクレジットヒストリーが無いのは当たり前

高卒後や大卒後に社会人として働き始めた頃には、まだクレジットカードやローン(クレジット)などを使った事が無い方が多いです。つまり、こういった方にはクレジットカード審査で重要なクレジットヒストリーがありません。

ですので、クレジットカード会社では、20歳前後の方はクレジットヒストリーが無くて当たり前と判断しますので、20歳前後の方がクレジットヒストリーが無いからと言ってクレジットカード審査に落ちる事はほとんどありません。

 

30歳以上でクレジットヒストリーが無いのは問題

20歳前後の方は、クレジットカードヒストリーが無くて当たり前ですが、これが30歳以上になると事情が変わってきます。

というのも、30歳と言えば社会人として世に出て10年程度は経過していますので、この10年間にクレジットカードやローンの利用履歴がほとんど無いという事は、通常ではありえないからです。

 

さらに、30歳以上でクレジットヒストリーが無いという方は、過去に金融事故を起こして個人信用情報機関の信用情報から事故情報が削除されているのではないか?とクレジットカード会社では考えるのです。

まあ、中には現金主義でクレジットカードやローンを使った事が無いという方もいるでしょうが、クレジットカード会社では個々の事情なんて分かりませんので、こういった方のクレジットカード審査では慎重にならざるを得なくなります。

 

30歳以上でも属性情報次第ではクレジットカード審査に通る場合も

30歳以上でクレジットカードヒストリーが無くても、属性情報が高い方の場合にはクレジットカード審査に通る可能性があります。

しかし、30歳以上でクレジットカードヒストリーが無く、勤続年数や居住年数が短い方の場合には、クレジットカード審査に落ちる可能性の方が高くなるのです。

 

というのも、この年齢で勤続年数や居住年数が短いという事は、転職や引越しを繰り返している可能性が高くなりますので、クレジットカード会社からは収入や居住性の安定性が無いと判断されるのです。

クレジットカード会社では、クレジットカード申込者の収入の確保と万が一延滞があった場合の居住性の確保を重要視していますので、勤続年数や居住年数が短い方はクレジットカード審査で落ちる可能性が高くなります。

 

スポンサーリンク






各種保険完備&クレヒス修行用に最適な1枚はこちら



サブコンテンツ

このページの先頭へ