親がブラックリストの場合は多少厳しい

親がブラックリストだとクレジットカード審査はどうなる?

a0027_001799

クレジット審査では、クレジット申込者が未成年や例え成人していても学生の場合には、親の同意が必要になります。

まあ、未成年であれば収入面においてはまだ不安定ですし、学生に至っては全く収入がありません(あったとしても少しのバイト代)ので、親の同意が必要な事は致し方ありません。

ただ、ここで一つ注意して欲しい事があり、それは審査申し込みの親がブラックリストの場合にはクレジット審査に通る事は極めて難しくなってしまうんですよね。

※金融業界にはブラックリストというものは存在しませんが、当記事では金融事故情報を分かり易いようにブラックリストと書いています。

 

ですので、親がブラックリストの場合で未成年の子供がクレジット審査に通るためには、ある程度の対策が必要になりますので、今回の記事ではその対策について説明しますね。

 

スポンサーリンク


未成年の子供が親と同居している場合

クレジット会社では、クレジット審査の際に同一電話番号で家族の利用状況が出てきますので、そのクレジット会社で親の延滞履歴がひどい場合には、その時点でクレジット審査に落ちる事になります。

ですので、親と同居している場合には、最低でも親が金融事故を起こした事のあるクレジット会社への申し込みは避けるべきです。ちなみに、クレジット審査では親が連帯保証人では無い場合、原則親の氏名で照会する事は禁止されています。

つまり、クレジット申込者の未成年の子供が自分専用の電話番号を取得していれば同一電話番号による家族の利用状況が出てきませんので、親の延滞履歴が出てくる可能性が低くなります。

 

未成年の子供が親と別居している場合

この場合には、クレジット会社ではクレジット申込者の名前(未成年の子供)で実家の住所や電話番号で再照会をしますので、同一電話番号によりクレジット会社に親の延滞履歴が分かってしまいます。

という事は、あらかじめ実家の電話番号を変更しておけば原則同一電話番号による親の延滞履歴が出てこない事になりますよね?(すでに親がそのクレジット会社を利用していない事が条件)

親の延滞履歴が出てこなければクレジット審査に通る可能性は十分ありますが、電話番号の変更もタダでは出来ませんので、お金に余裕のある方以外にはあまりお勧め出来ません。

 

と、ここまでクレジット審査で親がブラックリストの場合の対処方法について説明してきましたが、いずれの場合も成人して就職すれば親とは別生計になりますので、クレジット審査に通る可能性が高くなります。

ただ、どうしても成人して就職するまで待てないという場合(自動車教習ローンを組みたい場合など)には、クレジット審査時に親の延滞履歴が発覚する可能性が高いため、最低でも住所や電話番号などの属性情報の変更が必要になります。

 

スポンサーリンク






各種保険完備&クレヒス修行用に最適な1枚はこちら



サブコンテンツ

このページの先頭へ