カード審査で最重要の属性情報はこれです

クレジットカード審査にも重要な属性情報がある

a1640_000047

クレジットカード審査では、クレジットカード申込者の個人信用情報機関に登録されている信用情報と現在の個人環境(属性情報)の2方面から審査を行い、クレジットカードの発行可否を判断しています。

そして、この信用情報や属性情報に不備が無ければ無事にクレジットカードが発行されます。逆に言えば、クレジットカード審査に落ちた場合には、この信用情報や属性情報に何らかの不備があったと考えられます。

ですので、万が一カード審査に落ちた、または困っている方は一度他社と比べて難易度が低いクレジットカードで実績を作ってから目的のカードに申し込むという二段構えが良いと思います。

 

ちなみに、信用情報や属性情報には各種項目が複数ありますが、各金融会社によって求めている顧客層が微妙に異なっている場合がありますので、どの項目が重要視されているのかは各金融会社によって異なります。

※関連記事クレジットカード審査の属性情報とは一体何の事ですか?

ただ、そうは言ってもクレジットカードはツケ払いのカードになりますので、どの金融会社でも共通して重要視している属性情報があるものです。そこで、今回の記事では、クレジットカード審査における最重要な属性情報について説明しますね。

 

スポンサーリンク


審査で重要なのは支払い能力と所在確認が出来るか否か?

クレジットカード審査では、クレジットカード申込者が顧客になった場合に、毎月きちんとクレジットカード利用代金を支払ってくれるか?また延滞が発生した時に顧客の所在が明確か否か?が最も重要になります。

それは、万が一顧客が支払いを延滞して行方不明にでもなってしまったら、顧客の捜索(?)にも時間と経費が掛かり、また顧客が見つからなかったら利用代金が不良債権になってしまい、いずれの場合もクレジットカード会社に損害を与えてしまうからです。

ですので、クレジットカード審査では、クレジットカード申込者の支払い能力と所在確認が出来るか否か?が最も重要な項目になります。

 

支払い能力と所在確認可能な属性情報はこれ!

数ある属性情報の中で、クレジットカード申込者の支払い能力が判断出来る項目は下記の通りです。

■勤務先情報

クレジットカード申込者の現在及び将来の支払い能力を計る上では欠かせないもの、それがこの勤務先情報になります。現在申込者がどのような勤務先にどのくらい勤務しているのか?これらを見る事によって今後の支払い能力を計る事が可能になります。

■年収

これは、先程の勤務先情報をリンクしますが、クレジットカード申込者の現在の年収がどのくらいあるのか?によって、現在および将来の支払い能力を計る事が可能です。

 

また、クレジットカード申込者の所在確認が可能な属性情報は下記の通りです。

■居住形態や居住年数

クレジットカード申込者が現在の居住形態にどのくらい居住しているかによって、万が一申込者がクレジットカードの利用代金を延滞してしまった場合にも連絡を取る事が可能か否か?を判断することが可能になります。

 

スポンサーリンク






最短即日発行のクレジットカードはこれ



サブコンテンツ

このページの先頭へ