クレジットカード審査への再申込には注意して下さい

クレジットカード審査の再申込には注意が必要

a0001_016191

これは、どのクレジットカード審査にも言える事ですが、基本的な流れとしては審査申し込み→カード会社による審査→勤務先への在籍確認電話→カード会社による最終判断という流れで進んでいきます。

そして、審査に通ればクレジットカードが発行されますが、通らない場合には別の審査へ再申込を行う方がいるかと思います。

 

ちなみにこの際、審査に通れば個人信用情報機関の信用情報に成約情報が登録されますが、逆にNGが出ればクレジットカードは発行されずに信用情報にも成約情報は登録されません。

つまり、クレジットカード審査に落ちるとカードが発行されないばかりか、信用情報にも申込情報のみが残ってしまうのです。

※関連記事信用情報にはどんな内容が登録されているのか?

 

そして、信用情報の申込情報ですが、成約情報の無い申込情報のみ登録されていると、今後のクレジットカード審査に悪影響を与えてしまいかねませんので、審査の再申込には十分注意しなければならないのです。

それでは、クレジットカード審査の再申込はどのタイミングで行えば良いのか?について説明しますね。

 

スポンサーリンク


申込情報が信用情報に登録される期間

私たちがクレジットカード審査に申し込んだ場合、審査に通ったとしても通らなかったにしても、この申込の事実は個人信用情報機関の信用情報に一定期間登録される事になります。

先程の関連記事のリンク先で申込情報の登録機関を確認すると、申込から6ヶ月間は信用情報に登録される事になりますよね?つまり、クレジットカード審査に申し込んだ場合、その事実が6ヶ月間信用情報に登録される事になります。

そして、各クレジットカード会社では審査の際に信用情報を照会するため、あるクレジットカード審査に落ちてからすぐに別の審査に申し込んだとしても信用情報に前回の申込情報が登録されているため、クレジットカード審査では不利になってしまうのです。

 

何故信用情報に申込情報だけだと不利になるのか?

基本的に、信用情報にはクレジットカード審査に申し込んだ際の申込情報と、審査に通過した際に登録される成約情報が登録されます。

そして、クレジットカード会社では審査への申込があった場合には信用情報を照会しますので、申込情報と成約情報の2つが登録されているとこの申込者は他社での審査に通過していることが分かります。

 

逆に言えば、申込情報だけ登録されていて成約情報が登録されてない場合には、この申込者は他社の審査に落ちたという事が一発で分かってしまうのです。

他社での審査に落ちたという事は、クレジットカード会社からこの申込者には何か問題があるのではないのか?と疑われる可能性が高く、結果審査が厳しめになる可能性が出てきてしまうのです。

さらに、信用情報に申込情報のみの登録が数件あった場合には、全部のクレジットカード審査とは言いませんがほとんどの審査で不利になる可能性が高くなります。

 

クレジットカード審査再申し込みのタイミング

先程、個人信用情報機関の信用情報に申込情報が登録されている期間が6ヶ月と説明しました。という事は、最初にクレジットカード審査に申し込んで落ちた場合には、その申込情報が6ヶ月で消えますので6か月後に再申し込みを行えば良い事になります。

ただ、今すぐクレジットカードが欲しいのに6ヶ月も待てないという方もいると思いますので、そういった方は私の過去の経験上6ヶ月間に2回までであれば、申込情報が審査に与える影響は少ないと思われます。

ですので、クレジットカード審査への再申し込みのタイミングですが、6ヶ月間に2回までであれば審査難易度が高いクレジットカードを除いて審査に通る可能性は十分あると言えますね。

 

スポンサーリンク






最短即日発行のクレジットカードはこれ



サブコンテンツ

このページの先頭へ