姓名の申告に嘘はいけません

姓名の虚偽申告はどうなの?

a1640_000317

クレジットカード審査では、クレジットカード申込書に自分の属性情報を記入する必要があり、この属性情報と個人信用情報機関の信用情報を元にクレジットカード会社ではクレジットカード発行の可否を判断します。

ただ、過去に延滞や債務整理などを起こしている方は、当時から属性情報の変更が無ければ信用情報に延滞や債務整理情報が登録されていますので、クレジットカード審査で落ちる可能性が極めて高くなります。

 

ですので、こういった方は何としてもクレジットカード審査に通るために、あの手この手を駆使してクレジットカード審査に申し込む訳ですが、あの手この手の方法の中で属性情報の虚偽申告があります。

基本的に、クレジットカード審査において属性情報の虚偽申告は禁止されていますが、虚偽申告をしてもクレジットカード会社にはどうせバレないだろうと、過去に延滞や債務整理などを起こしている方の中にはいるようです。

そこで、今回の記事では、属性情報の中で姓名の虚偽申告について、その考えられる方法と姓名の虚偽申告がクレジットカード会社にバレるのか?について説明しますね。

 

スポンサーリンク


姓名の読み方を変更してみる

姓名の読み方を変更するというのは、姓名の虚偽申告としては簡単に出来るため一番事例が多いのではないかと思います。

確かに、以前のクレジットカード会社では、顧客情報をカタカナのみで登録していますので、読み方が違えば姓名の漢字が同じでも別人と判断される可能性もわずかながらあったかと思います。

 

ただ、最近では顧客情報をカタカナ以外に漢字でも登録しているクレジットカード会社が増えてきていますので、ただ単に姓名の読み方を変更しても漢字が同一であれば過去に登録されている同一人物と判断される可能性が極めて高くなります。

さらに、顧客情報の漢字登録がまだのクレジットカード会社でも、姓名の読み方を変えても電話番号や生年月日が一致していれば、過去の情報が類似情報として出てきますので、姓名の虚偽申告が一発でバレてしまいます。

ですので、姓名の虚偽申告は、それを行ってもクレジットカード会社にバレる可能性が極めて高いのでやめた方が良いです。

 

姓名の字体を変更してみる

姓名の字体変更とは、姓名の漢字を同じ読み方が出来る別の漢字に変更するものです。例えば、翔太(ショウタ)を将太としてクレジットカードの申込書に記載するような事になりますが、この方法も正直無駄になります。

というのも、これは先程も説明しましたが、クレジットカード会社では顧客情報をカタカナで登録していますので、いくら漢字が違っていても読みが同じで生年月日や電話番号も同じであれば、同一人物として判断される可能性が極めて高くなります。

 

クレジットカード審査では、何も姓名だけで審査を行っている訳ではありません。申込者の生年月日や電話番号、勤務先などの属性情報を元に本人確認を行っているのですから、例え姓名の虚偽申告をしたとしても嘘がバレるのは時間の問題なんですね。

ですので、姓名の字体を変更してもクレジットカード審査では無駄になる可能性が高くなりますので、辞めた方が良いです。

 

スポンサーリンク






各種保険完備&クレヒス修行用に最適な1枚はこちら



サブコンテンツ

このページの先頭へ