クレジットカード審査と奨学金の関係は重要です

奨学金には返済の義務がある

a0001_002212

奨学金と言えば、大学や短期大学、高等専門学校や専修学校(専門課程)、さらには大学院などで学習する人向けに国が主体となって学習に必要な資金を貸与するお金になります。

そして、この奨学金制度があるおかけで上級学校に進学している人が多くいるのも事実になりますが、実はこの奨学金、意外にもクレジットカード審査と関係があるんですよね。

 

そもそも、この奨学金ですが、貸与という言葉からも分かるようにその後返還(返済)する必要があるのです。借りたお金は返す義務があるではありませんが、この奨学金はもらいっぱなしという訳には行かないんですよね。

そして、奨学金は返済の義務がありますので、この返済が滞ってしまうと後々大変な目に遭う可能性があるのです。

 

スポンサーリンク


奨学金は日本学生支援機構(JASSO)が取り扱っている

この奨学金ですが、主に独立行政法人の日本学生支援機構(以下JASSO)が取り扱っています。そして、このJASSOですが、以前は信用情報を扱う個人信用情報機関へ加盟はしていませんでした。

個人信用情報機関へ加盟していないという事は、例え奨学金の返済を滞納したとしてもその事実がクレジットカード審査をはじめとした各種金融商品の審査へ影響を及ぼすことはありませんでした。

 

しかし、このJASSOですが、世の中の不景気により奨学金の返済を滞納する人が増加してきたことを受けて、平成20年11月より全国銀行個人信用情報センター(KSC)に加盟したのです。個人信用情報機関へ加盟するという事は、奨学金の滞納が信用情報に登録される事を意味しているんですよね。

 

奨学金を滞納すると後々大変な事になる

JASSOから貸与されている奨学金なので、先程も説明しましたが奨学金の返済を滞納してしまうと、その情報が個人信用情報機関の信用情報へ登録される事になります。

そして、肝心の信用情報へ登録される条件ですが、JASSOのHPに以下のような記載がありました。

個人信用情報の取り扱いに関する同意書を提出していただいている方のうち、現在奨学金を返還されている方は、延滞3ケ月以上の場合に個人信用情報機関に個人情報が登録されます。
新たに返還を開始する方は、返還開始後6ケ月経過時点で延滞3ケ月以上の場合に登録されます。登録の判定は返還開始から6ケ月が経過してから、毎月行われます。

出典:独立行政法人の日本学生支援機構

 

この説明によると、奨学金の返済を3ヶ月以上滞納した場合に信用情報に登録されるという事になるようですね。3ヶ月と言えば、少し余裕があるような気がしますが、滞納している人にとってはとても余裕なんてありませんからね。

 

奨学金の滞納が起こすクレジットカード審査への影響

ここまでの説明で、奨学金の滞納(3ヶ月以上)は個人信用情報機関の信用情報へ登録されるという事が分かりました。そして、信用情報に延滞情報が登録されているという事は、当然ですがクレジットカード審査にも影響を及ぼす事になるんですよね。

クレジットカード審査では、申込者の信用情報を個人信用情報機関へ照会して確認しますので、この時に奨学金の延滞情報が登録されていた場合には、かなりの高確率で審査に落ちる事になってしまうのです。

そして、これは何もクレジットカード審査だけにとどまらず、他の金融商品、例えば住宅ローンやオートローンなどの審査にも悪影響を及ぼしますので、奨学金の返済は滞納なく支払って下さいね。

 

スポンサーリンク






最短即日発行のクレジットカードはこれ



サブコンテンツ

このページの先頭へ