クレジットカードの審査対策とは

クレジットカード審査には対策が必要

a0002_005738

クレジットカード審査に通らない方にとっては、何も事前の対策を取らずに次々に審査へ申し込んでも同じことの繰り返し=落ちる可能性が極めて高くなります。

ですので、審査に通らない、審査が不安だという方は、あらかじめカード審査に通るための対策=クレジットカード審査の対策が必須になります。

 

ただ、このクレジットカード審査対策について、一体どんな準備や項目を実践すれば良いのかが分からない方がかなりいるようですね。

確かに一言で対策とはいっても、各個人によって信用情報や属性情報が異なっていますので、何から手を付けて良いのかが分からない事も無理はありません。

そこで、今回の記事ではクレジットカード審査対策の必須項目について説明しますね。このクレジットカード審査対策を行う事によって、100%ではありませんがクレジットカード審査に通る可能性が高くなりますから。

 

スポンサーリンク


クレジットカード審査で最低限必要な属性情報とは?

これは、どのクレジットカード会社やクレジットカードにも当てはまるという訳ではありませんが、クレジットカード審査において最低限必要な属性情報というものがあり、それは下記の通りです。

■年齢

18歳以上の方(高校生は除く)※未成年の方は親権者の同意が必要

■居住形態

間借りや下宿以外であれば特に問題ありません

■居住年数

概ね1年以上が望ましい(新築の場合はこの限りではありません)

■勤務先

基本的にごく一般企業に勤務していれば問題ありません(自営業でもOK)

■勤務年数

概ね1年以上が望ましい

■年収

年齢にもよりますが、最低200万円以上は欲しい

 

カード申込前には信用情報の開示請求を行う

個人信用情報機関に登録されている信用情報の内容が分からないと、クレジットカード審査の対策を立てる事が出来ませんので、クレジットカード申込前の信用情報開示請求は必須になります。

特に、クレジットカード審査で何度となく落ちている方にとっては、属性情報はもちろんですが信用情報の中身を確認しない事には始まりませんから。

 

信用情報にクレヒスが何も登録されていない方の場合

これは、ただ単に今まで現金主義者でクレジット関係の利用が無かった方や、過去に延滞や債務整理などの金融事故を起こしてから5~10年間が経過したため、信用情報から事故情報が削除された方のいずれかになります。

そして、この両方に共通している事は、クレジットヒストリーが無いためにクレジットカード会社から信用を得ていないという事になります。

※関連記事クレジットヒストリーがクレジットカードの審査に与える影響とは?

ですので、こういった方がクレジットカード会社から信用を得るためには、まずは審査の甘いクレジットカードや少額のショッピングクレジットなどを利用してクレジットヒストリーを積み重ねる事が必須になります。

 

信用情報に延滞や債務整理などの事故情報が登録されていた場合

こういった方は、基本的に信用情報から事故情報が削除されるまでの約5~10年間はクレジットカード審査で落ちる可能性が極めて高くなります。

ですので、信用情報から事故情報が削除されたのを確認してから、クレジットヒストリーが何も登録されていない方と同様に、審査の甘いクレジットカードや少額のショッピングクレジットなどを利用してクレジットヒストリーを積み重ねる必要があります。

 

また、事故情報の登録期間が過ぎるまで待てないという方は、事故当時の属性情報が発覚しないように出来る限りの属性情報の変更が必要になります。それと、事故情報の登録期間が過ぎるまでデビットカードでやり過ごすという手段もありますけど。

ただ、実際には事故情報が5~10年以内に削除される可能性もあるため、 登録期間内に事故情報が削除されているかどうかを確認するためにも信用情報の開示請求は必須になりますよ。

 

スポンサーリンク






最短即日発行のクレジットカードはこれ



サブコンテンツ

このページの先頭へ