審査に通らない理由は複数あります

クレジットカード審査に通らない理由

a0002_010339

今まで何回もクレジットカード審査に申し込んでいるのに全く審査に通らない、今までクレジットカードなんて一度も使った事が無いのに審査に落ちたのは一体何故なんだろう?などと、クレジットカード審査に通らない理由が分からない方が結構いるようです。

確かに、私も一昔前ですが、何回もクレジットカード審査に落ちた時、落ちた理由が分からず一体何故なんだ?と怒りにも似た感情があふれてきた事があります。

 

それに怒った(?)私は、クレジットカード会社に電話をしましたが、クレジットカード審査の結果は教えてくれませんしね。まあ、今となってはそれはごく当たり前の事だと分かりましたけど。

ただ、クレジットカード審査の詳細な内容は、クレジットカード会社の審査部門の、それもごく一部の方にしか分からないのです。

 

しかし、そんなクレジットカード審査でも、元金融業者からの教えや私自身の過去の経験を元にある程度はクレジットカード審査についての対策が分かっています。そこで、今回の記事ではクレジットカード審査に通らない理由について説明しますね。

 

スポンサーリンク


短期間で複数のクレジットカードに申し込んではいけない

短期間(およそ6ヶ月間)で複数のクレジットカードに申し込んでしまうと、クレジットカード会社に怪しまれます。

それは、緊急にお金が必要なのか? もしかしてアフィリエイト報酬目的なのか? まさか現金化するためなのか?などと、クレジットカード会社から不審に思われてしまうため、クレジットカード審査で落ちる可能性が高くなるのです。

ですので、クレジットカード審査に落ちたら、すぐに他のクレジットカードに申し込むのではなく、一旦冷静になり信用情報から申込情報が削除されたのを確認してから再度別のクレジットカードに申し込んで下さい。

 

ちなみに、クレジットカード審査に通らない、困っているという方には、他社と比べて柔軟審査のクレジットカードがお勧めになります。

 

過去にクレジットやローン関係で延滞や債務整理がある

過去に延滞や債務整理などの事故を起こしている場合には、個人信用情報機関へ事故情報が登録されてしまいますので、クレジットカード審査に落ちる可能性が極めて高くなります。

※関連記事クレジットカードのブラックとは一体どういう事ですか?

ですので、こういった方は、個人信用情報機関の信用情報に登録されている事故情報が削除されてからクレジットカードに申し込んで下さい。

 

過去に延滞や事故を起こしたカード会社へ申し込んではいけない

個人信用情報機関の信用情報に事故情報が登録されている期間は通常5~10年間ですが、これはあくまで個人信用情報機関での話になります。

これとは別に、各クレジットカード会社では、個別に自社の事故情報を保有しており、この事故情報は半永久的に登録されている可能性があります。

ですので、過去に延滞や事故を起こしているクレジットカード会社では、クレジットカード審査で落ちる可能性が極めて高くなります。

 

クレジットカードを複数枚持っていると危険

現在のクレジットカード社会においては、クレジットカードを複数枚持っている方も多いと思われます。中には、1人で10枚以上のクレジットカードを持っているつわものもいるようですが。

ただ、平成22年から施行された借入金の総量規制によって、年収の1/3以上の借り入れが出来なくなってしまいました。

私はクレジットカードで借り入れなんてしていないから大丈夫と思っている方がいるかも知れませんが、クレジットカードのキャッシング枠は使っていても使わなくても総量規制の範囲に含まれるのです。

 

例えば、A社のクレジットカードのキャッシング枠が30万円、B社のキャッシング枠が50万円だった場合には、すでに80万円の与信枠が使われている事と同じになります。

この時、あなたの年収が240万円以下であれば、今後キャッシング枠をゼロでクレジットカードを申し込んでもクレジットカード審査で落ちる可能性が極めて高くなるのです

ですので、もしあなたが上記に当てはまっていたら、クレジットカードを申し込む前に対象のクレジットカード会社へキャッシング枠減額の申請をした方が良いです。

 

スポンサーリンク






各種保険完備&クレヒス修行用に最適な1枚はこちら



サブコンテンツ

このページの先頭へ