クレジットカード審査に通りやすい方

クレジットカード審査に通りやすい方について

a1640_000098

クレジットカード審査に通らない方がいれば、当然ながらクレジットカード審査に通りやすい方もいます。もちろん、クレジットカード審査に通らない方に理由があるように通りやすい方にも理由があるのですが。

まあ、審査に通らない方の理由の多くは信用情報にある事が多いのですが、審査に通りやすい方には信用情報はもちろん属性情報にも問題がない事が多いですね。

 

ただ、いくら通りやすいからと言っても、やり過ぎる(クレジットカードの作り過ぎ)と後で痛い目を見る可能性がありますので、何事もほどほどにしなければいけませんけど。

そこで、今回の記事ではクレジットカード審査に通りやすい方について説明しますね。この事を知っておけば、現在と比べて今後のカード審査においての取得確率が高くなる可能性がありますので、是非頭の中に入れておいていただければと思います。

 

スポンサーリンク


短期間でのクレジットカード申込は狙いを定める

これはもう、クレジットカード審査に通らない理由とは真逆になりますが、個人信用情報機関の信用情報に登録されている申込情報は少ないに超した事はありません。

何故なら、クレジットカード会社からしてみれば、申込情報が少なければあれこれと疑念を抱く必要がないからです。

クレジットカード会社にあれこれと疑念を抱かれる事は、クレジットカード審査ではマイナス要因にしかなりませんので、これだと思ったクレジットカードのみ申し込んで下さい。

 

クレジットヒストリーに事故情報が登録されていない

クレジットヒストリーとは、簡単に言えばクレジットカードの返済(利用)履歴の事になり、この返済履歴(24ヶ月分)がすべて$マークで埋め尽くされているとクレジットカード会社から毎月クレジットを利用しており、かつ支払いもキチンと行っていると判断されますので、クレジットカード審査に通りやすくなります。

ちなみに、以前からクレジットカードは保有していたものの、最近になってクレジットカードの利用を始めたばかりの方は過去24ヶ月間すべての返済履歴はありません。

しかし、24ヶ月間すべての返済履歴がなくても、直近にAやPマークがなく$マークが並んでいれば支払い優良者とみなされクレジットカード審査に通りやすくなります。

※関連記事クレジットヒストリーがクレジットカードの審査に与える影響とは?

 

キャッシング枠付きクレジットカードの保有枚数が少ない

クレジットカードのキャッシング枠は使っていなくても総量規制の対象になります。ですので、キャッシング枠付のクレジットカード保有枚数は少ないに越した事はありません。

※関連記事クレジットカードの審査で通らない理由が分からなくて困ってます!

 

そもそも属性情報自体が高いという方

属性情報とは、住所や氏名はもちろん電話番号や職業、居住年数などの事になります。そして、属性情報が高いとは、大まかに言えば年収が高い・勤務先が一流企業・勤務年数が長い・自宅が持ち家・他社借り入れがないなどの事を言います。

こういった、属性情報が高い方は、余程の事が無い限りは大抵のクレジットカード審査に通りやすいです。

※関連記事クレジットカード審査の属性情報とは一体何の事ですか?

 

ただ、いくら属性情報が高いからといっても、すべてのクレジットカード審査に通りやすいという訳ではありません。もちろん、過去に延滞や債務整理などを起こしていれば、いくら属性情報が高くてもクレジットカード審査で落ちる可能性が極めて高くなります。

 

スポンサーリンク






最短即日発行のクレジットカードはこれ



サブコンテンツ

このページの先頭へ