属性情報によっては延滞がバレてしまいます

クレジットカード審査で延滞情報はご法度です

a1640_000254

クレジットカード審査では、住所や氏名、生年月日や勤務先などの属性情報や個人信用情報機関に登録されている信用情報を元に行われるのは、すでに当ブログで再三説明してきていますので、あなたも分かっているのではないかと思います。

ですので、信用情報がブラックの方は、念入りに事前準備をしないとクレジットカード審査に通る事は極めて難しくなります。

※関連記事クレジットカードの申し込みには事前準備が必要だと聞きましたが?

 

ただ、そうは言っても、念入りに事前準備を行ったつもりでも、ほんの些細な事により過去の延滞情報がバレてしまう事が良くあるのです。そこで、今回の記事では、本人の過去の延滞情報がバレやすい属性情報について説明しますね。

 

スポンサーリンク


必ず延滞時の勤務先情報や電話番号を把握しておく

過去に延滞や金融事故などを起こしている方は、なるべく当時の属性情報を変更しておかないと、クレジットカード審査に通る事は難しくなります。まあ、延滞時と同じ属性情報の場合には、クレジットカード会社ではクレジットカード審査の際にずぐに分かってしまいますから。

ただ、延滞時から全ての属性情報を変更するとなると、かなりの労力が必要になりますので、中には属性情報の変更が難しい方もいるかも知れません。

ですので、そういった方は、信用情報から延滞情報が消えるまで待つか、もしくはクレジットカード申込前に最低限延滞時の勤務先情報や電話番号は把握するようにして下さい。

 

クレジットカード審査では氏名+生年月日で延滞情報を拾ってくる

クレジットカード会社では、クレジットカード審査に際、過去に延滞情報がある人物と申込者の氏名+生年月日が一致している場合に同一人物として疑いを掛ける事が多々あります。

さらに、申込者の勤務先情報と電話番号までも一致しているとなると、ほぼ100%過去に延滞情報がある人物と断定される可能性が高くなるのです。

まあ、一般的に同じ勤務先に氏名や生年月日、さらには電話番号までもが同じ人物が複数いるとは考えられませんので、これは仕方の無いところですけど。

 

しかし、ここからが重要になりますが、この勤務先情報が全てのクレジットカード会社で登録されているかと言えば、実はそうでもないのが実情なのです。つまり、過去に延滞を起こしていた当時の勤務先情報が登録されていない場合もあるんですよね。

という事は、延滞時と氏名や生年月日が同じでも勤務先や電話番号、さらには住所が異なっていれば、延滞時から属性情報が変わっていない場合と比べると、少なからずクレジットカード審査に通る可能性があるのです。

※関連記事各個人信用情報機関の一覧を教えてください
※関連記事用情報の開示報告書では一体どこを見れば良いのですか?

 

ですので、クレジットカード審査に不安のある方は、カード審査前に個人信用情報機関に信用情報の開示請求を行い、過去の勤務先情報や電話番号が登録されているのか?されていないのか?の確認を行って下さいね。

 

スポンサーリンク






最短即日発行のクレジットカードはこれ



サブコンテンツ

このページの先頭へ