属性情報について説明します

a1640_000110個人信用情報機関の役割とは一体何がありますか?で、ちょこっと出てきた属性情報。クレジットカード会社では、クレジットカード審査を行う際には必ずクレジットカード申込者の属性情報を元に審査を行います。

まあ、この属性情報は申込者の個人情報(氏名や住所、電話番号など)になりますので、カード会社でもその取り扱いには十分注意する必要があります。

というか、カード申込者の属性情報が分からないとどこの誰だか分からなくなりますので、カード会社では審査を行いたくても出来ませんので、審査において属性は非常に重要になってくるのです。

 

そこで、この属性情報ですが、一般の方には何だか聞き慣れない言葉だと思いますので、今回はこの属性情報とは一体何なのか?について解説しますね。

 

スポンサーリンク


属性情報とは?

みなさんがクレジットカードに申し込む場合、申込用紙またはネット上の申込サイトに自分の住所や氏名・電話番号や職業などを記入しているかと思いますが、この住所や氏名などを属性情報と呼びます。

さらには、個人信用情報機関の信用情報の登録内容も属性情報に含まれますので、覚えて置いて下さいね。

※関連記事個人信用情報機関の役割には一体何がありますか?

っと、何だかあっという間に答えが出てしまいましたが、他に説明の使用が無いので、いきなり答えを書いて先に進みたいと思います。ここまで読んでくれば分かるかと思いますが、属性情報=個人情報になるのです。

 

クレジットカード審査で重要になるのは本人が実在するのかどうか?

クレジットカードを発行するクレジットカード会社にとってみれば、申込者の住所や氏名・電話番号や職業などの属性情報が分からないと、今後申込者がカード利用代金を延滞をした場合にはその回収が困難になる可能性が高くなります。

カード利用代金を回収する事が出来なかったら、クレジットカード会社がその責任を負う事になるため、カード会社もヘタなクレジットカー審査は出来ないのです。

ですので、クレジットカード会社にとっては、まずは申込者が架空の人物ではなく実際にその場所に存在する人物でなければなりません。

 

次に、クレジットカード会社では、仮にクレジットカードを発行した場合に、申込者が今後カード利用代金を支払う能力があるのかどうか?を属性情報を見て判断します。

これは、申込者が今後カード利用代金を毎月きちんと支払う事が出来るのか?について、現在の年収や現在の他社利用残高、さらには過去の利用状況などをみてクレジットカードを発行するか否かを判断するのです。

 

クレジットカード審査では、申込者が実在しており、なおかつ今後のカード利用代金を毎月滞りなく支払う事が出来ると判断されなければ、決してクレジットカードは発行されません。そのための判断材料として、属性情報はとても重要になるのです。

 

スポンサーリンク






各種保険完備&クレヒス修行用に最適な1枚はこちら



サブコンテンツ

このページの先頭へ