クレジットカードにおける信用について

クレジットカードを持つためには信用力が重要

a0002_005736

私たちがクレジットカードを持つためには、クレジットカード会社が設定しているクレジットカード審査に申し込む→申込内容をカード会社の審査担当またはコンピューターで審査→審査基準を上回っていればクレジットカードが発行されるという流れになります。

そして、この流れを見ていただければ分かりますが、クレジットカードを持つためにはクレジットカード会社が設定している審査基準を上回る必要があるのです。

逆に言えば、カード会社が設定している審査基準を超える事が出来なければ審査不合格=クレジットカードは発行されず個人信用情報機関の信用情報には申込情報だけが残るという事になります。

※関連記事クレジットカード審査の再申し込みについて

 

そこで、ここからが重要になりますが、クレジットカードは使った代金を後日クレジットカード会社が定めている引落日に支払う=クレジットカード会社と顧客との信用取引になりますので、顧客の信用状態が良くなければ決してカードが発行される事は無いんですよね。

つまり、クレジットカードを持つためには顧客=あなたの信用力がとても重要になってくるのです。

 

スポンサーリンク


クレジットカードを持つための信用力とは?

先程、クレジットカードを持つためには顧客になる予定のあなたの信用力がとても重要になると説明しました。それでは、この信用力とは一体何なのか?について説明しますね。

そこで、この信用力ですが、簡単に言えばあなたの支払い能力の事になります。支払い能力=クレジットカードの利用代金を毎月きちんと支払えるのか?否か?になるのです。

クレジットカードの利用代金を毎月きちんと支払う必要がありますので、毎月一定水準以上の収入が必要になりますよね?毎月一定水準の収入が必要になりますので、公務員や会社の社員、さらにはパートやアルバイト、自営業者などが当てはまります。

 

さらに、毎月一定水準以上の収入が必要という事は、ちょくちょく勤務先を変更していては毎月の収入が途絶える可能性があるため一定以上の勤続年数が必要になります。

もう一つ言えば、万が一顧客がクレジットカードの利用代金を延滞した場合、すぐに連絡が取れる必要がありますので、顧客の居住年数も一定水準以上必要になってきます。引越しばかりしているようでは、万が一延滞した場合に連絡が取れなくなる可能性がありますから。

 

無職や貯金残高には信用力がありません

クレジットカードの申込条件には、毎月継続した収入がある方という条項があります。つまり、クレジットカードを持つための信用力という観点から言えば、毎月の収入が無い無職の方には信用力がありません。収入が無いので当たり前と言えばそうなんですけど。

また、無職やフリーターの方で多額の貯金残高があるから審査に通る事が出来るのでは?と考えている方がいるかも知れませんが、クレジットカード審査では貯金残高は関係ありません。というのも、毎月の収入が無ければ貯金残高は良くて横ばい、悪ければ減る一方になるからです。

ですので、いくら貯金残高があるからと言っても、それはクレジットカード審査に直接影響するという事はありませんので注意が必要になります。

 

スポンサーリンク






最短即日発行のクレジットカードはこれ



サブコンテンツ

このページの先頭へ