クレジットカードが作れない理由はさまざま

クレジットカードが作れない理由

a0002_010323

クレジットカードが作れない理由が分かりません!これは、クレジットカード審査で困っている方が私の元へ寄せる相談というか質問なのですが、日本にはまだまだこういった方が多いようですね。

ネット上のクレジットカード系キーワードでも検索上位に出てきますし、クレジットカード審査 激甘というキーワードも出てくるくらいなので、カードを作れない方が多いのが分かりますね。

 

ただ、クレジットカードが作れない理由は人によって違いますし、そもそも理由は1つではなく複数ある事が多く、一概に○○だから審査に落ちたとは言えないんですよね?ですので、今回はクレジットカードが作れない理由について考えられる理由をまとめてみたいと思います。

 

スポンサーリンク


信用情報に事故情報が登録されている

これは、クレジットカード審査で落ちるため(?)には疑いの余地なしですね。信用情報に事故情報が登録されている限りはクレジットカードの作成はほぼ不可能ですから。

※関連記事信用情報機関事故情報とは具体的に何を指しますか?

 

過去に事故を起こしたカード会社への申込

個人信用情報機関の信用情報とは違い、各クレジットカード会社では独自で顧客情報を持っているため、過去に事故を起こした顧客情報は半永久的に登録されています。

ですので、過去に事故を起こしたクレジットカード会社では、半永久的にクレジットカードは作れないと思って下さい。

 

短期間で複数の申込もアウトです

短期間というのは、個人信用情報機関への申込情報が登録されている6ヶ月間ですが、この期間に複数のクレジットカードの申込をするとクレジットカード会社から不審に思われます。

特に、他社でクレジットカードの申込情報の登録がありながら成約情報が登録されていない場合には、クレジットカード会社からはこの申込者には何か問題があるのだろうと思われてしまいます。ですので、短期間で複数の申込はクレジットカードが作れない理由の1つになります。

 

キャッシングの限度枠が多い

クレジットカードにはショッピング枠とキャッシング枠がありますが、平成22年に施行された借入金の総量規制により年収の1/3以上の借り入れが制限されました。(ショッピング枠および住宅ローンは除く)

ですので、あなたが保有しているクレジットカードのキャッシング枠はもちろん、カードローンやキャッシング枠の合計が年収の1/3以上であれば、今後はクレジットカードを作る事が出来ません。

 

消費者金融で借り入れをしている

消費者金融から借り入れを行っている場合、クレジットカード会社に与える印象が悪くなります。それは、キャッシング=現金借り入れになるため、クレジットカード会社では生活に困窮している状況が手に取るように分かるからです。

何と言っても、消費者金融は借金をするための金融会社なのですから。ですので、あなたが現在消費者金融から借り入れを行っているのであれば、これもクレジットカードが作れない理由の1つになります。

 

属性情報が影響している可能性がある

この属性情報とは、あなたの住所・氏名や勤務先・年収などの情報になります。これら属性情報の中で、一番気になると思われる年収ですが、実は年収が多ければ多いほど審査に有利という訳ではありません。

年収200万円の方がクレジットカード審査に通ったかと思えば年収800万円の方がクレジットカード審査に落ちたなど、単純に年収が高ければクレジットカード審査に通るという訳では無いのです。

まあ、これについては各クレジットカード会社の求める条件は異なりますので、他の属性情報が影響している可能性が高いと思われます。

※関連記事クレジットカード審査の属性情報とは一体何の事ですか?

 

ただ、属性情報の中で勤務年数や居住年数が少ない方(およそ1~2年以内)については、今後も職を変えたり住所を変えたりする可能性が高いと判断される場合があります。ですので、この勤務年数や居住年数もクレジットカードが作れない理由の1つになります。

 

スポンサーリンク






最短即日発行のクレジットカードはこれ



サブコンテンツ

このページの先頭へ