クレジットヒストリーはあなたの歴史

あなたのクレジットヒストリーは大丈夫?

a0002_010286

当ブログでは、今まで何回かクレジットヒストリーという言葉が出てきましたよね?このクレジットヒストリーとは、その名の通りクレジットの歴史、つまりあなたの今までのクレジット利用履歴のようなものです。

日本には石器時代や縄文、弥生、さらには戦国時代など、日本が誕生してから今までの間にいくつもの時代が流れてきた=壮大な歴史があるように、クレジットカードにもカード取得から今までの歴史があるんですよね。

カードの成約情報からカード利用代金の支払い状況まで、信用情報にはあなたのクレジットヒストリーが登録され続けているのです。

 

そして、クレジットヒストリーにはクレジットカード会社から見て良い履歴があれば悪い履歴もあるのですが、このクレジットヒストリーがクレジットカード審査に与える影響とは一体何があるのでしょうか?

 

スポンサーリンク


そもそもクレジットヒストリーとは何?

ここで1回、基本的な事を複数しますが、クレジットヒストリーとはあなたが今までクレジットカードや各種ローンを使ってきた、言わば履歴書のようなものです。

クレジットカードや各種ローンの利用代金を毎月きちんと支払っているのか?過去に延滞や事故は無いのか?などクレジット全般の利用状況を示す履歴書と考えていただければ良いかと思います。

 

クレジットヒストリーがカード審査に与える影響とは?

会社の面接では、面接時または面接を受ける前にあなたの履歴書を会社に提出しますよね?そして、会社はこの履歴書を元にあなたの今までの学歴や職歴をチェックして、あなたを採用するか否かの判断材料の1つにします。

つまり、会社の面接では、あなたの履歴書が無いとあなたの今までの学歴や職歴が分からないので、あなたを採用するか否かの判断以前に不採用が決まってしまう可能性が極めて高くなるのです。

と言うか、履歴書が無い時点で、会社側から信用出来ない人物と思われる可能性が極めて高くなります。まあ、面接には履歴書が必須だと思いますけど。

 

っと、ここで話をクレジットカード ヒストリーに戻しますが、このクレジットヒストリーも会社の面接時に提出する履歴書と同じような意味を持つのです。

それは、あなたのクレジットヒストリーがあり、なおかつ過去に延滞を起こしていないのであれば、あなたはクレジットカード会社から十分な信用を得る事が出来ます。

 

逆に、あなたにクレジットヒストリーが無い、またはクレジットヒストリーがあっても過去に延滞がある場合には、あなたはクレジットカード会社から十分な信用を得る事が出来ないのです。

それはそうですよね?クレジットヒストリーが無いという事は、クレジットカード会社から今までクレジットを使った事が無い、または過去に債務整理を行っている可能性が高いと思われます。

過去に債務整理を起こした方はもちろんですが、過去にクレジットを使った事が無いという事は、今後クレジットカードを使った場合にきちんとクレジットカード利用代金を支払う事が出来るのかが不透明なのです。

 

クレジットカード会社では、今後の支払いが不透明な方には積極的にクレジットカードを発行しようとは思いません。

これが、クレジットヒストリーに延滞が無く毎月きちんと支払っている方であれば、今後もきちんとクレジットカード利用代金を支払う事が可能と判断されますので、クレジットカード審査では有利に働きます。

大抵の場合、新規の顧客より既存の顧客の方が信用が高くなるのはごく当たり前の事なのですから。

 

ですので、クレジットカード審査においてクレジットヒストリーがとても重要な役割を果たしますので、これは覚えて置いて下さいね。

 

スポンサーリンク






各種保険完備&クレヒス修行用に最適な1枚はこちら



サブコンテンツ

このページの先頭へ