職種で有利になる場合もあるのです

クレジットカード審査では一流企業勤務や公務員が有利

a0006_000465

クレジット審査やオートローン審査においては、一流企業に勤務している方や公務員の方は企業の信用度が高いため、一般企業に勤務している方や自営業の方と比べクレジット審査やオートローン審査で有利になります。

ですので、クレジット審査やオートローン審査で落ちてばかりの方や、審査に不安のある方が転職する場合には、一流企業や公務員に就職すればクレジット審査やオートローン審査に通る可能性が高くなります。

 

ただ、そうは言っても一流企業や公務員はそのハードルが高いため、そう簡単には就職出来ない場合がほとんどですよね?しかし、一流企業や公務員でなくても、意外と身近にクレジット審査やオートローン審査で信用を得やすい企業があるんですよね。

 

スポンサーリンク


クレジット会社の営業社員が頻繁に出入りする企業を狙う

大手家電量販店や大手家具店、さらには新車や大手中古車ディーラーでは、クレジット会社と加盟店契約をしている場合がほとんどなので、加盟店契約だけでは無くクレジット会社の営業社員が頻繁に出入りしている企業を狙いましょう。

というのも、加盟店の社員がクレジット審査に申し込んでも落ちてばかりいると、加盟店からクレジット会社にクレームが入る場合があり、最悪加盟店契約の解除になればその後の売上高に影響してくる可能性があるからです。

 

これが、ただ単に加盟店契約のみであれば、クレジット会社全体での売上高に影響してきますが、加盟店に営業社員が頻繁に出入りしていた場合には、この営業社員個人の売上高に影響してくるのです。

営業社員の売上高が減少した場合には、クレジット会社内での自分の立場が悪くなりますので、営業社員も自分の売上高を伸ばすためにクレジット審査で融通を利かせてくれる事が多々あるんですよね。

 

ノルマのある職種

また、大手家電量販店や大手家具店、大手の新車・中古車ディーラーなど規模の大きな企業では、必ずと言って良いほどノルマがありますので、入社早々自社で取り扱っている商品を購入する事になります。

入社早々に高額な商品を購入する事に抵抗があるかも知れませんが、そういう会社に入社したのですから会社のノルマを達成するためには自分に出来る最大の事を行う必要があるんですよね。

また、入社早々なので当然勤続年数は1~2ヶ月程度ですが、先程の理由から50万円程度のクレジット審査や高額なオートローン審査に通ってしまうのです。これが一般の方であれば、クレジット審査が通らなかったり、連帯保証人を要求される可能性が高くなります。

 

ですので、 クレジット審査やオートローン審査で落ちてばかりの方や、審査に不安のある方、無職の方が転職する場合には、こうした企業に就職するというのも1つの方法になります。

もっとも、このような転職にはリスクも付き物なので、転職するのかどうかはしっかりと検討する必要が有りますよ。

 

スポンサーリンク






各種保険完備&クレヒス修行用に最適な1枚はこちら



サブコンテンツ

このページの先頭へ