自動車税にはクレジットカードを使う

自動車税はクレジットカードで支払える

a1180_011011

もう7月の下旬に差し掛かり、空からは真夏の日差しが降り注いでいますね。はい、私の嫌いな夏がやってきました。私の場合は、暑過ぎず寒過ぎずが快適(あなたも一緒?)なので、真夏の日差しは天敵以外の何者でもありません。

っと、話が逸れましたが、自動車を保有している方は自動車税を支払わなければいけませんよね?通常自動車税は、5月末日が支払期限となっているため当ブログを読まれている方々はすでに支払い終えている方がほとんどだと思いますので、今回の記事は備忘録として書いています。

 

ちなみに私は、2000CCのマイカーを持っていますので、自動車税が39,500円になります。約4万円もあれば家族旅行が出来るのにと思いますが、こればっかりは仕方ありませんし払わなければ大変な事になっちゃいますからね。

 

スポンサーリンク


自動車税はクレジットカードで支払うとお得!?

この自動車税、以前はコンビニ支払いや口座振替だけでしたが、最近ではクレジットカードでの支払いが出来るようになったんですよね?

ただ、クレジットカードでの支払いに対応している都道府県は限られていますので、クレジットカードでの支払いに対応していない都道府県ではコンビニや口座振替のみの対応になります。

そこで、今回の記事では自動車税がクレジットカードで支払える都道府県の方向けになりますが、クレジットカードでの支払いには手数料として324円掛かります。

 

しかし、この324円分以上のポイントが付くクレジットカードで支払えば、自動車税をコンビニや口座振替で支払うよりもクレジットカードで支払った方がお得になるのです。

例えば、現在飛ぶ鳥を落とす勢いの楽天カードであればポイントが1%付きますので、仮に自動車税が39,500円の場合には楽天ポイントが395円付くため、結果71円分がお得になるんですよね。

まあ、他にも1年間の累計利用金額に応じてポイントが変動するクレジットカードもありますので、詳細はあなたが保有しているクレジットカードのポイント付与率をご確認いただければと思います。

 

決済手数料0円で自動車税が支払える事知ってます?

先ほど、自動車税をクレジットカードで支払う場合には324円の手数料が掛かると説明しました。しかし、ある方法を使えば決済手数料を0円にして尚且つクレジットカードのポイントもGETする方法があるのです。

そこで、この方法ですが電子マネーのnanacoを使います。このnanacoとはコンビニ大手のセブンイレブンやデニーズ、イトーヨーカドーなどで使える電子マネーになります。

 

それで、決済手数料0円にする方法ですが、まずはこのnanacoにクレジットカードでお金をチャージをします。

nanacoにチャージ出来るクレジットカード一覧はこちら

そして、お金をチャージしたnanacoと自動車税の納税通知書を持ってセブンイレブンに行き、自動車税の支払いを行うのです。はい、たったこれだけです。

これによって、クレジットカード利用時の手数料が0円で、しかもnanacoにお金をチャージした際のクレジットカードのポイントも付きますので、結果2重でお得になるのです。

 

ですので、来年以降あなたが自動車税を支払う際には、nanacoを活用されてみてはいかがでしょうか?

※一部nanacoへのチャージではポイントが付かないクレジットカードがありますので、詳細はあなたが保有しているクレジットカードの詳細をご確認ください。

 

スポンサーリンク






各種保険完備&クレヒス修行用に最適な1枚はこちら



サブコンテンツ

このページの先頭へ