クレヒス入門に携帯端末はうってつけです

クレジットヒストリーは重要になる

a0001_017647

クレジットヒストリーは、クレジットカード審査に通るためには必要不可欠になります。というのも、審査において新規の方と取引(履歴)のある方とでは、あきらかに取引のある方の方が有利になるからです。

※関連記事クレジットヒストリーがクレジットカードの審査に与える影響とは?

ですので、個人信用情報期間の信用情報に良好なクレジットヒストリーが登録されている方は、それだけでクレジットカード審査に対して大きなアドバンテージになります。

逆に、信用情報に良好なクレジットヒストリーが登録されていない方にとっては、それだけでクレジットカード審査に対して不利になりますので、そういった方は難易度の低いクレジットカードでクレヒスを積み重ねた方が良いです。

 

という事は、信用情報に良好なクレジットヒストリーを登録すればクレジットカード審査で有利になりますので、現在金融商品を使っている方は毎月きちんと支払いを行う事で良好なクレジットヒストリーを積み重ねる事が可能です。

ただ、信用情報にクレジットヒストリー自体の登録がないという方は、新たに金融商品に申込をしても審査で落ちる可能性があり、審査で落ちた場合にはクレジットヒストリーを積み重ねる事が出来ません。

そんな時には、自分の身近にある携帯電話本体の分割支払いを行う事で、クレジットヒストリーを積み重ねる事が可能になります。

 

スポンサーリンク


携帯電話本体の分割支払いは信用情報に登録される!?

携帯電話の通話料や通信料は別ですが、携帯電話本体の分割支払いは通常のクレジットと同様の扱いになりますので、基本的に個人信用情報機関の信用情報に登録されます。

ですので、過去に金融事故を起こして現在信用情報に何も登録がないという方は、通常の金融商品へ審査を申し込むよりも携帯電話の分割支払いで毎月の支払いをきちんと行えば、クレジットヒストリーを積み重ねる近道になります。

 

携帯電話本体の分割支払いをクレヒスとして認めない会社もある

ただ、現在日本には1万種類以上のクレジットカードがありますので、中には携帯電話本体の分割支払いはクレジットヒストリーとして認めないというクレジットカード会社が存在しています。

まあ、携帯電話というものは私たちの身近にあるものであり、またその審査も通常のクレジットカード審査よりも緩い傾向がありますので、その支払いを認めないという事は分からないでもありません。

しかし、毎月延滞なく携帯電話本体の分割支払いを行っている=毎月の支払いが良好と判断する事が出来ますので、私個人の意見としては認めてくれても良いような気がします。

 

ですので、クレジットカード審査で携帯電話本体の分割支払いが認められていないと思うのであれば、より審査の緩いクレジットカードの審査へ申し込む事をお勧めします。

※関連記事審査の甘いクレジットカードの傾向を教えます!
※関連記事クレジットカード審査が甘い系統はズバリこれです!

世の中には、1万種類以上ものクレジットカードがあるのですから、まずは審査に通りそうなクレジットカードから始めてみてはいかがですか?そして、そのカードでクレヒスを作れば次のカード審査で有利になる可能性が高くなりますよ。

 

スポンサーリンク






各種保険完備&クレヒス修行用に最適な1枚はこちら



サブコンテンツ

このページの先頭へ