金融ブラックでもカードを作る方法

金融ブラックでもカードが作れる?

a1640_000082

金融ブラックとは、金融業界におけるブラック、つまり個人信用情報機関に登録されている信用情報に事故情報が登録されている事を言います。

その他では、過去に金融事故を起こしたクレジットカード会社や各種ローン会社では、独自に事故情報を持っているため、信用情報とは別にこれらのクレジットカード会社や各種ローン会社に対しても金融ブラックになっていると言えますね。

 

そして、ネット上では金融ブラックというキーワードの検索数が多くなっていますので、個人信用情報機関へ事故情報が登録されている方が多数いるという事になります。

基本的に、個人信用情報機関に事故情報が登録されている期間は、クレジットカードを持つことや各種ローンを組む事は出来ません。金融ブラックの方々は、そんなことは重々承知していると思いますが、それでもなおクレジットカードが欲しいと思っている方が多くいるようです。

そこで、今回は金融ブラックの方でもクレジットカードを作る方法について、管理人が考えるいくつかの方法を説明します。

 

スポンサーリンク


金融ブラックでも必ず持てるVisaカードはこれ

これは、当ブログでも過去に紹介しているVISAデビットカードですね。このVISAデビットカードは、金融ブラックの方でも必ず持てますのし、現金を持ち歩く必要が無いので便利ですよ。

※関連記事ブラックでも必ず持てるVISAカードがあると聞いたのですが?

 

金融ブラックでも持てるクレジットカードはこれ

金融ブラックでも持てるVISAカードの他にも、通常のクレジット機能を持つカードを作る事も可能です。

ただ、金融ブラックの方でもクレジットカードを作るためにはある条件が必要になり、それはクレジットカードの本会員と生計を同一にする配偶者・親・子供(高校生をのぞく18歳以上)の方になります。(条件は各クレジットカードによって異なります)

 

そして、金融ブラックの方でも作る事が可能なカードとは家族カードの事になります。

家族カードにはいろいろと制約がありますが、家族内でクレジットカードを持っている方がいれば金融ブラックの方でも本物のクレジットカードを持つ事が十分可能なのです。

もちろん、VISAデビットカードと違って銀行口座の残高を気にする必要はありませんが、ご利用は計画的に行わないとクレジットカード本会員に迷惑が掛かりますので注意が必要になります。

 

最後の手段は金融ブラックが解消するのを待つ

最後の手段と言っても、これは単純に金融ブラック情報が信用情報へ登録されている期間 を過ぎてから、審査が甘いと言われているクレジットカードに申し込む事になります。

基本的に、個人信用情報機関に事故情報が登録されている期間は、クレジットカード審査はもちろん自動車ローンや住宅ローンなどの各種ローンの審査で落とされる可能性が極めて高いので、素直に事故情報が消えるまで待つという事です。

そして、事故情報が消えてからはクレヒスが全くない状態なので、過去にクレヒス0でも審査可決実績のある他社と比べて取得難易度の低いクレジットカードでクレヒスを積み重ねる事をお勧めします。

 

ちなみに、どうしても待てないのであれば、事故情報が削除されるまでVISAデビットカードでやり過ごす事も一考ですね。というか、そういう方も結構いるようですし、VISAデビットカードはカードの使い過ぎを抑制させる効果もあるため、計画的に使う事が可能です。

 

結局はどの方法が良いのか?

ここまで、金融ブラックでもクレジットカードを作る方法について説明してきましたが、この優先順位というか流れとしては、まずは家族カードが作れるかどうかを確認して、ダメな場合はVISAデビットカードを作る。

そして、信用情報から事故情報が消えたら審査の甘いと言われているクレジットカードに申し込むという流れが良いかと思います。

 

スポンサーリンク






各種保険完備&クレヒス修行用に最適な1枚はこちら



サブコンテンツ

このページの先頭へ