任意整理のメリット・デメリット

任意整理について

a0001_014299

債務整理では、法律によって定められた方法で現在ある債務を整理する事になります。そして、任意整理とは数ある債務整理方法の中の1つの手段になりますが、当然メリットもあればデメリットもあります。

もっとも、債務整理をする以上は、債務の減額などのメリットが無ければそれは全くもって無意味になってしまいますので、何かしらのメリットが必要になってきます。

その反対に、債務を整理するためのメリットがあればデメリットもあるというのが世の常になりますので、当然ながらデメリットも存在します。

 

ですので、債務整理を行う場合には、現在の債務状況と今後の支払いが可能なのかどうか?をきちんと見極めて、数ある債務整理方法の中からどれか1つを選択する必要があるのです。そこで、今回の記事では任意整理のメリットやデメリットについて説明しますね。

 

スポンサーリンク


任意整理のメリットはこちら

任意整理を行うのですから、それ相応のメリットが無いといけません。そこでここでは任意整理のメリットについて説明しますね。

債務の減額が可能

任意整理では、まず利息制限法の金利に基づいて債務額の引き直し計算を行います。

ちなみに、利息制限法による引き直し計算とは、法律で利息の上限が決められており上限を超えた分は過払い金として毎月の返済額に充当されるため、結果的に借金総額を減額させる計算になります。

そして、債務額の引き直し計算によって明らかになった債務額に対して、原則将来分の利息をカットして今後3年程度かけて返済していく事になります。

 

財産の処分がない

通常、債務整理の場合には債務を整理する訳なので、自分の持っている財産も処分して債務の返済に充てると思いがちです。確かに、自己破産であれば自分の持っている財産をすべて処分する必要があります。

しかし、この任意整理や個人再生では自分の持っている財産を処分する必要がないので、マイホームなどの財産を手放す事なく債務整理をする事が可能です。

※関連記事自己破産とは具体的にどういう事ですか?
※関連記事個人再生とは具体的にどういう事ですか?

 

整理する債務を選べる

これも、任意整理の特徴の1つですが、任意整理では債務について○○は整理して○○は整理しないで現状のまま支払うというように、整理する債務を選択する事が可能です。

例えば、住宅ローンや自動車ローン、さらには保証人が付いているローンは整理せずにそのまま支払って、その他の債務については任意整理するという事が出来るのです。整理する債務を選べるという事は、ある程度自分の意向が反映されますので、債務整理の選択の幅が広がります。

 

裁判所への出頭がない

自己破産は、債務者本人が裁判所に出頭しなければなりませんが、任意整理では裁判所は通さずに債務整理を行うため、裁判所への出頭義務はありません。

まあ、裁判所と聞くとかなり重い気分になりますが、その必要が無いので債務整理による精神的な負担は若干軽減されるのではと思います。

とは言っても、債務の返済が完了しないと精神的な負担は無くなりませんので、現在多重債務で苦しんでいる方は早めに債務整理する事をお勧めします。

 

任意整理のデメリットはこちら

任意整理にもメリットがあればデメリットもありますので、ここで説明しますね。

債務の元本全額を支払う義務がある

自己破産では、 裁判所に申し立てをして免責決定がされれば、今までの債務が全て無くなります。また、個人再生でも裁判所に提出した再生計画が認可されれば、原則として今までの債務額が1/5に減額されますので、今後の支払いへの負担はかなり軽減されます。

しかし、任意整理では原則として今までの債務元本は全額支払う必要があるのです。

 

と、ここで原則と書いたのは、利息制限法を越えた利息分については、過払い金が発生したらその分が債務の元本に充当されるため、結果的に債務元本が減額される可能性があるからです。

まあ、今は利息制限法によって上限金利が決められているので、債務が発生したのが最近であれば過払い金が発生する可能性は低いです。しかし、平成22年6月以前から債務が発生していた方にとっては過払い金が発生する可能性が高いので、結果債務元本が減額されると思われます。

 

任意整理の事実が個人信用情報機関の信用情報に登録される

これは当然ですが、任意整理をした場合には、その事実が個人信用情報機関の信用情報に登録されるため、登録後5年程度はクレジットカード作成や各種ローンを組む事が難しくなります。任意整理=事故なのでこれは仕方ありませんけど。

 

スポンサーリンク






最短即日発行のクレジットカードはこれ



サブコンテンツ

このページの先頭へ