リクルートカード審査の現状はこうなっています

リクルートカードと言えばあのリクルート

a0002_003729

リクルートはリクルートカードという自社サービスや国内・海外での利用が可能なクレジットカードを発行しており何かとリクルートを利用する方には是非とも欲しいカードですが、肝心の審査はどうなっているのでしょうか?

高校や大学を卒業、または大学在籍中にリクルートという言葉を耳にした事があると思いますが、ほぼ毎日テレビCMやインターネット広告で見かけるリクルート。ちなみにこのリクルートですが、企業などの新入社員の募集(求人)から学生の就職活動などの意味があるようです。

 

それはさておきこのリクルートですが、リクルートカードという自社サービスや国内・海外での利用が可能なクレジットカードを発行しています。

まあ、リクルートは数多くのサービスを提供しており私たちは何かしらのサービスを利用する機会があると思いますので、このリクルートカードは持っていても損はないかと思います。そこで、今回の記事ではリクルートカードの審査について説明しますね。

 

スポンサーリンク


リクルートカード審査

ここからは、リクルートを利用している方には是非とも欲しいリクルートカード審査について説明します。

 

リクルートカードの申込条件とは?

このリクルートカードの申込条件ですが、それは下記の通りです。

原則として18才以上でご本人または配偶者に安定継続収入のある方。

まあ、18歳以上というのはもはや日本のクレジットカードの申込条件としては当たり前になっていますが、配偶者に安定した継続収入があるという条件からすると専業主婦(主夫)の方でも申込可能ですね。 

また、年齢の上限が設定されていないところを見ると、ある程度高齢の方でも審査申込が可能のようです。

 

三菱UFJニコスとJCBの加盟信用機関とは?

このリクルートカード、実は三菱UFJニコスとJCBからクレジットカードが発行されており、三菱UFJニコスはVISA、JCBはその名の通りJCBブランドのカード審査を担当しています。

そこで、肝心の加盟個人信用情報機関ですが、三菱UFJニコスとJCBともにCICとJICCに加盟しています。

この事からも分かるようにCICとJICCに事故情報が登録されていた場合には、三菱UFJニコスまたはJCBが個人信用情報機関の信用情報を照会した時点でリクルートカード審査に落ちる可能性が非常に高くなります。

 

リクルートカード審査での必須事項とは?

先ほどの申込条件から、会社員や自営業者はもちろん、専業主婦やパート・アルバイトでも申込可能なので、申込条件から考察するとクレジットカード審査の難易度はそれほど高くないと思われます。

ただ、そうは言っても審査に100%はありませんので、カード審査に不安のある方はこちらの難易度の低いクレジットカードで実績を積み重ねる事をお勧めします。

 

リクルートカード審査の口コミ

リクルートカード審査の口コミを見ても、会社員や自営業者はもちろん、学生からパート・アルバイト、派遣社員までまんべんなく合格しているところを見ると、職業による有利・不利はそれほど感じません。

もちろん、公務員や上場企業の社員であれば、このリクルートカードはかなり敷居が低くなると思いますが、中小企業や他職業の方であっても最低限の属性情報があれば問題なくカード審査に通る可能性が高いと思われます。

逆に言えば、最低限の属性情報が無ければどの審査にも通る事は難しくなると思います。

 

ちなみに、このリクルートカードは他社クレジットカードと比べてカード利用によるポイント還元率が高く人気のため、多少審査に時間が掛かる可能性がありますので申込後の合否連絡が多少遅くなっても慌てずに待っていた方が良いです。

 

スポンサーリンク






最短即日発行のクレジットカードはこれ



サブコンテンツ

このページの先頭へ