審査の甘いクレジットカードよりも緩い

最も審査の甘いクレジットカードとは?

a1180_013388

今回の記事では、個人信用情報機関の信用情報に延滞情報や債務整理情報などの事故情報が登録されている方は無理な方法ですが、そうで無い方(最低限の属性情報が整っている方)であれば利用可能な方法について説明します。

基本的にクレジットカード審査では信用情報に事故情報が登録されている場合には即刻審査で落ちる可能性が高くなりますが、事故情報の登録が無く最低限の属性しか持っていない方にとっては有効な方法になります。

 

そこで、肝心の方法ですが、クレジットカードでの利用実績が無い方向けに、世の中には審査の甘いクレジットカードよりも審査が甘いカードがありますので、そのカードを使って利用実績を作る方法になります。

クレジットカード審査では、クレジットカード申込者の属性情報も重要ですがクレジットヒストリーも重要になりますので、クレジットカードでの利用実績が無いという方にはお勧めです。

 

スポンサーリンク


クレジットカードの即時発行キャンペーンを利用する

クレジットカードの即時発行キャンペーンとは、主に提携カードを発行している大手ショッピングセンターが年数回行っているものになります。(即時発行ではなく常時行っているルミネカードなどもあり)

通常クレジットカードが発行されるまで2週間程度掛かりますが、この即時発行キャンペーンでは申込から約30分~1時間程度で仮カードと呼ばれている機能制限型のクレジットカードが発行されます。

 

ただ、この仮カードは機能が制限されていますので、クレジットカードを申し込んだショッピングセンター内のみでしか使えない場合が多く、また利用限度額も少ない(10万円程度)の場合が多いです。

しかし、この仮カードは短時間でクレジットカード審査を行いますので、信用情報に延滞情報が登録されておらず属性情報が極端に悪い方でなければ発行される可能性が高くなります。

 

本カードの審査で落ちる場合もあり

仮カードが発行された場合には、その後に本カード(クレジットカード)の審査に移る訳ですが、例え仮カードが発行されたからと言ってもクレジットカードまで発行されるとは限りません。

まあ、あくまで仮カードは仮という言葉からも分かるように、仮カードの審査はかなり緩い基準で行われていますので、当然ながら仮カード発行=本カードも発行にはならないのです。

仮カード発行がそのまま本カード発行になってしまったら、仮カードの存在意義が無くなってしまいますから。

 

ただ、いくら仮カードとは言っても、仮カードでのショッピングは可能ですので、仮カードが発行されたらショッピングを行った方が良いです。

それは、仮カードで利用したショッピングの実績は残りますので、例え今回本カードの審査で落ちたとしても次回同社のクレジットカードに申し込んだ際には、このショッピングの利用実績が役に立つ事になりますから。

クレジットカード審査では、新規の方よりも利用実績のある方が有利になりますので、仮カードが発行されたらあなた自身の利用限度額の範囲内でショッピングをしておきましょう。

 

スポンサーリンク






最短即日発行のクレジットカードはこれ



サブコンテンツ

このページの先頭へ