ハウスカード審査は本当に甘いのか検証します

ハウスカード審査が甘いのには理由がある

a0006_000607

インターネット上には、審査が甘い、審査が緩いと言われているクレジットカードが多数あります。まあ、その一部は本当に審査が緩いのか怪しいところがありますが、審査が甘い、緩いか否かは実際にクレジットカード審査を行ってみないと分からないんですよね。

※関連記事審査の緩いクレジットカード情報は本当?嘘?

それは、クレジットカード申込者の信用情報や属性情報が異なるという事が理由の1つになります。ですので、こういった情報の中には申込者にとって本当に審査が緩いクレジットカードが存在する可能性があります。

ただ、実はそれらのクレジットカードよりも審査が緩いと言われているクレジットカードが存在するんですよね。このカードの事を業界用語(?)ではハウスカードと呼んでいますが、審査が緩いのには明確な理由があるのです。

 

スポンサーリンク


クレジットカード審査が緩いと言われているハウスカードとは?

普通にクレジットカード審査に申し込んでいれば、まずその名を聞く事はないと思われるハウスカードですが、ハウスカードと呼ばれるのにはちゃんとした理由があるんですよね。

その理由ですが、ハウス=自宅や家という意味ですが、このハウスカードは自分の家→自分のテリトリーでしか使う事が出来ないクレジットカードになるのです。

自分のテリトリー=個人のような事になりますのでこれを会社に例えますが、クレジットカード会社でいう自分のテリトリーとは自社及び自社の系列会社の事になります。

 

つまり、ハウスカードとは、ハウスカードを発行しているクレジットカード会社及びその系列会社でしか使う事が出来ないのです。まあ、自社及び自社系列でしか使えませんので、その分審査が他のクレジットカードよりも緩くなっているようですね。

ただ、ハウスカードはクレジットカードと同様に商品やサービスなどをツケ払いで購入する事が出来ますので、使うところが限定されている以外はクレジットカードのように使う事が可能です。

 

クレジットカード審査が緩いと言えどもクレジットヒストリーが付く

ハウスカードは、他のクレジットカードと比べて審査が緩い事も特徴の1つになりますが、それ以上に大きな特徴がクレジットヒストリーが付くという事になります。

※関連記事クレジットヒストリーがクレジットカードの審査に与える影響とは?

このクレジットヒストリーとは、クレジットカード審査に大きな影響を与えるファクターの1つになりますが、普通のクレジットカードと同様に自社や自社系列でしか使えないハウスカードでもクレジットヒストリーが付くのです。

つまり、ハウスカードを使う事によってクレジットヒストリーを積み重ねていけば、現在普通のクレジットカード審査では厳しいという方でも将来的にはカード審査に通る可能性が高くなります。

 

さらに、ハウスカードを発行しているクレジットカード会社では、ハウスカード以外にも普通のクレジットカードを発行している場合があります。

という事は、ハウスカードで利用実績を上げれば、そのカード会社が発行するクレジットカード審査に通る可能性は他のクレジットカードと比べて高くなるのです。

ですので、現在クレジットカード審査に落ちている方は、まずはハウスカードに申し込んでみて下さい。そして、審査に通ったらハウスカードで実績を積んで、ハウスカードを発行しているクレジットカード会社のカードに申し込めば、審査に通る可能性がありますよ。

 

ちなみに、カード審査で困っている方でハウスカードでは無く普通のクレジットカードが欲しいという方は、こちらの取得難易度が低いクレジットカードがお勧めになります。

 

代表的なハウスカード

現在、日本国内でハウスカードと通常のクレジットカードを発行しているクレジットカード会社は下記の通りです。

コスモザカードハウス

日産カード(ハウス)

現在、日本国内では2社と少ないのですが、ガソリンや自動車関係なので自動車を持っている方であれば使ってみる価値があるかと思います。

そして、このハウスカードで実績を積めば通常のクレジットカード審査でも有利になる可能性が高くなりますのでお勧めですよ。

 

スポンサーリンク






最短即日発行のクレジットカードはこれ



サブコンテンツ

このページの先頭へ