CRINで交流されている情報の内容

CRINとは個人信用情報機関間の情報ネットワーク

a0001_014289

CIC,JICC,KSCの個人信用情報機関では、それぞれが保有している信用情報を顧客への与信判断の材料や今後の多重債務への防止策として、これら3機関間で信用情報の交流が可能な信用情報交流ネットワークCRINというシステムを運用しています。

※関連記事クレジットカードの信用情報にはどんな内容が登録されているのか?

 

ただ、このCRINでは各個人信用情報機関が保有している全ての信用情報の交流が行われている訳では無く、延滞情報や本人申告情報のごく限られた信用情報のみ交流が行われています。

まあ、延滞情報が交流されているだけでも、CRINとして十分その機能を満たしていると思えなくも無いのですが、実は延滞情報が交流されているとは言っても全ての延滞情報が交流されている訳では無いんですよね。

それでは一体、信用情報交流ネットワークのCRINではどの情報が交流されているのでしょうか?

 

スポンサーリンク


CRINとは一体どういったシステムなのか?

ここで、今一度信用情報交流ネットワークのCRINについて説明、というかCICのHPより引用しますね。

CRIN(Credit Information Network)とは、当社および全国銀行個人信用情報センター、(株)日本信用情報機構の三機関が運営する信用情報交流ネットワークです。 それぞれの信用情報機関が保有する信用情報のうち、延滞に関する情報および各信用情報機関にご本人が申告した本人確認書類の紛失盗難に関する情報などを交流しています。

各信用情報機関の会員会社は、加盟する信用情報機関を通じて、この「CRIN」を利用することにより、消費者への過剰貸付の防止、多重債務者の発生防止に、より一層の効果をあげることができます。

※引用元 株式会社シーアイシー

 

この説明を見ると、CRINで交流されている信用情報には、延滞に関する情報と本人申告情報などに限定されている事が分かりますよね?

 

一言に延滞に関する情報と言ってもその中身はさまざま

一言に延滞に関する情報とは言っても、その中身には1ヶ月の延滞や3ヶ月以上の延滞、代位弁済や任意整理、自己破産などの債務整理情報までいろいろありますよね?

そして、これら延滞に関する全ての情報がCRINで交流されているとなると、もはや信用情報がブラックの方にとっては打つ手無しの状況になってしまいます。しかし、CRINでは、これら延滞に関する情報の中でも、とある情報のみが交流の対象になっているのです。

 

現在起こっている延滞情報のみ交流の対象になっているが・・・

現在起こっている延滞情報としては、毎月の延滞情報や代位弁済や任意整理中、さらには自己破産の申立てなどがありますが、CRINではこのような延滞情報が交流されています。

ただ、毎月の延滞とは言っても、あまり軽度な延滞情報(1ヶ月程度の延滞)は必ずしもCRINで交流されている訳では無いのです。

この理由としては、あくまで延滞情報を信用情報に登録する権限は各金融会社にあり、各金融会社によって信用情報に登録する基準が異なっているからです。つまり、各金融会社によっては、あまり軽度な延滞情報は信用情報に登録されない場合があるのです。

 

さらにCRIN自体を照会しない金融会社もある!?

このCRINですが、現在の照会手数料がいくらなのかは分かりかねますが、数年前の照会手数料は1回に付き120円程度だったと師匠からの教えとして記憶しています。

まあ、1回や2回の照会程度で済めば、それほど照会手数料が掛かる訳ではないので、各金融会社も各種審査の際にCRINを利用する事でしょう。

 

しかし、クレジットカードや各種ローンの申込件数は毎月1人や2人では無く、金融会社によっては数千、数万になるところもあり、その都度CRINを照会していたら膨大な手数料が掛かってしまいます。

ですので、各金融会社によっては、CRINを照会しないで審査を行っている場合があるため、必ずしもCRINの交流情報が審査に影響を与えているという訳ではありません。

 

スポンサーリンク






最短即日発行のクレジットカードはこれ



サブコンテンツ

このページの先頭へ