借金苦の最終手段としても闇金だけはダメです

闇金にだけは絶対に手を出さないこと

a1380_001288

クレジットカードや各種ローン、さらには消費者金融を利用した事がある方にとっては、闇金という言葉に対して拒否反応を示す場合があるのではないでしょうか?

この闇金ですが、文字通り世間一般にとは真逆、つまり裏社会と言っても過言ではないところで営業(?)しているものなんですね。ちなみに、ものと書いたのは、闇金は貸金業の届出を行っている訳ではないので金融会社とは呼べないからです。

日本の法律では、貸金業の届出を行わないでお金を貸している業者は違法のため、闇金=違法という扱いになります。まあ、ここで説明しなくても闇金=違法と認識している方は多いと思いますけど。

 

それはともかく、借金で苦しくなったとしても決して闇金には手を出してはいけないのです!

これはあまり大きな声では言えませんが、私も過去に多重債務で苦しんでいた時期に、本気で闇金に手を出そうと考えていた事がありますが、いま思えば闇金に手を出さずに本当に良かったと思っていますから。

 

スポンサーリンク


闇金は違法=何でもあり

最初に書いておきますが、元々闇金は違法であり出資法違反での暴利でお金を貸していますので、基本的に返済の義務がありません。

まあ、違法業者=違法な取引なので返済の義務がないというのは当たり前のような気がしますが、闇金からお金を借りて返済をしないという勇気(?)のある方はほとんどいないと思います。

だって、闇金への返済が遅れてしまうと、違法業者だけあって法律で禁止されている取立て行為を平気で行ってきますから。

 

平気で借り手の勤務先や家族、さらにはどうやって調べたのか分かりませんが親戚へまで悪評や威圧的な取立て行為を行ってくる可能性が高いのです。

特に、勤務先への取立てでは、従業員がいるにも関わらず平気で○○さん、お金返してくださいよ!と言ってきます。そんな事をしたら、借り手が会社へい辛くなりますが、闇金としてはお金を回収出来ればそんな事は関係ないのです。

 

闇金に手を出してしまったら専門家へ連絡を!

先程も書きましたが、闇金=違法なので基本的に借りたお金を返す義務はありません。そんな事は闇金業者も重々承知していると思われますが、法律の素人がそんな事を知っている訳がないとも思っている事でしょう。

まあ、実際問題として闇金からの執拗な取立て行為を受けた場合、借りたお金を返さないという行為はとてもじゃないけど出来ないと思います。1人で闇金業者へ立ち向かうなんてある意味危険ですし。

 

そんな時には、法律の専門家である弁護士や司法書士へ連絡をしてみて下さい。弁護士や司法書士は法律の専門家なので、闇金=違法であり借りたお金を返す必要がないという事実を知っていますから。

ただ、中には闇金という言葉を聞くだけで依頼を拒否してくる弁護士や司法書士もいますので、事前に闇金の依頼を受けてくれるのか否か?を確認する必要があります。

 

スポンサーリンク






最短即日発行のクレジットカードはこれ



サブコンテンツ

このページの先頭へ