クレジットカード審査における消費者金融での延滞の影響

クレジットカード審査で消費者金融の延滞はいけません

a0055_000582

クレジットカードに申し込んだ場合、消費者金融からの借入があるとクレジットカード審査に影響を与えてしまいます。それは、消費者金融を利用している=お金に困っていると判断されるからです。

という事は、消費者金融からの借入があるというだけでクレジットカード審査に落ちる可能性が高くなるため、消費者金融で延滞があれば尚更クレジットカード審査に落ちるのではと思いますよね?

※関連記事クレジットカード審査で消費者金融からの借り入れはNG?
※関連記事銀行系クレジットカード審査における消費者金融の影響とは?

 

ただ、消費者金融で延滞があったとしても、クレジットカード審査に通る事もあるのですが、それは一体どういった場合なのか?について説明しますね。

 

スポンサーリンク


延滞情報は信用情報に登録される

これは特に説明する必要は無いかと思いますが、消費者金融はもちろん他の金融商品(クレジットカードやローンなど)で延滞があった場合には、個人信用情報機関の信用情報に登録されます。

つまり、個人信用情報機関に加盟している金融会社であればこの延滞情報を照会する事が出来ますので、クレジットカード審査に延滞情報を加味してクレジットカード発行の可否を判断する事になります。

というか、クレジットカード申込者に消費者金融での延滞があれば、クレジットカード審査に通る事はほぼ絶望的になりますけど。

 

全ての個人信用情報機関に加盟している金融会社は一部のみ

先程、個人信用情報機関に加盟している金融会社であればこの延滞情報を照会する事が出来ますと説明しました。という事は、個人信用情報機関に加盟していない金融会社の場合には、原則この延滞情報を照会する事は出来ないんですよね。

とは言っても、普通(?)の金融会社はCIC、JICC、KSCのいずれかの個人信用情報機関に加盟していますので、延滞情報を照会する事が出来ないなんて事は不可能 なように思えますが、実はそうでも無いのです。

 

というのも、CIC、JICC、KSCの全ての個人信用情報機関に加盟している金融会社は一部の会社に限られるからです。

つまり、消費者金融で延滞があったとしても、主に消費者金融が加盟している個人信用情報機関はCICとJICCになりますので、KSCのみに加盟している銀行系クレジットカード会社には原則この消費者金融での延滞情報は分からないのです。

ですので、消費者金融に延滞があったとしても、KSCのみに加盟している銀行系クレジットカードであればクレジットカード審査に通る可能性があります。(過去にいくつかの事例あり)

 

長期の延滞情報や貸倒情報はCRINで交流されている

消費者金融での延滞の中でも、長期の延滞情報や貸倒情報は信用情報交流ネットワークのCRINで交流されていますので、いくらKSCのみに加盟している銀行系クレジットカード会社にもこれらの事故情報は分かってしまいます。

※関連記事信用情報交流ネットワークのCRINではどの情報が交流されている?

ですので、信用情報に長期の延滞情報や貸倒情報が登録されている場合には、どのクレジットカード審査やローン審査に申し込んでも落ちる可能性が極めて高くなります。

 

スポンサーリンク






最短即日発行のクレジットカードはこれ



サブコンテンツ

このページの先頭へ