visaデビットカード審査について

Visaデビットカード審査

logo1

今回から不定期で、ネット上で検索されているクレジットカード審査系の検索キーワードについて説明していきますね。そこで、記念すべき第1回目の検索キーワードですが、Visaデビットカード審査になります。

Visaデビットカードと言えば、個人信用情報機関に登録されている信用情報がブラックの方でも持てるカードとして有名ですが、これはあくまでデビットカードであってクレジットカードではないのです。

この、クレジットカードではないのですが、クレジットカードとほぼ同じように使う事が可能なのが、このVisaデビットカードになるんですよね。

 

ですので、基本的に信用情報に事故情報が登録されている方は事故情報が削除されるまで通常のクレジットカード審査に通る事は難しいのですが、このVisaデビットカードはカード審査に通るまでの繋ぎの意味もあるのです。

そこで、今回の記事ではVisaデビットカード審査について説明しますね。

 

スポンサーリンク


Visaデビットカード審査はこんな感じです

Visaデビットカードは、Visaデビットカードを発行している銀行を口座を開き、この口座内の預金額のみで使う事が出来ます。

逆に言えば、銀行口座の預金額が担保になっており、Visaデビットカードを発行している銀行が立替払いを行う必要がないため、わざわざ顧客に与信枠を供与する必要がありません。

ですので、基本的にVisaデビットカードには審査が無いという事になるのです。(スルガ銀行のみ簡単な社内審査あり)

※関連記事ブラックでも必ず持てるVISAカードがあると聞いたのですが?

 

ちなみに、Visaデビットカードを発行している銀行から見れば、Visaデビットカードを持っている顧客がカードをいくら使おうが、それはすべて顧客の預金残高の範囲内に収まるため、銀行には損失が発生する可能性はありません。

損失の可能性が無いという事は、銀行にとって見ればノーリスクでVisaデビットカードを発行する事が出来ますよね?

 

さらに言えば、顧客からVisaデビットカードを使ってもらえば、通常のクレジットカードと同様に、Visa加盟店からカード利用手数料(加盟店手数料)として売上の数%を受け取ることが出来ます。

という事は、銀行がVisaデビットカードを発行すれば、ノーリスクで加盟店手数料が手に入るため、Visaデビットカードは信用情報がブラックの方はもちろんカード発行元の銀行にとっても便利なカードと言えますね。

 

ただ、それでも私は普通のクレジットカードが欲しいという方は、他社と比べて難易度が低いクレジットカードを試すというのも1つの方法になります。

このカードの中には、過去に審査で重要な要素を占めるクレヒスが全く無い状態でも審査に通った実績がありますのでお勧めです。

 

スポンサーリンク






最短即日発行のクレジットカードはこれ



サブコンテンツ

このページの先頭へ