yahooクレジットカード審査の現状はこうなっています

YahooクレジットカードといえばYahoo!JAPAN

a0001_015481

今回は、Yahooクレジットカード審査の現状について説明しますね。Yahooと言えば、インターネットを使っている方であれば知らない方がいないほど有名なインターネット関連サービスの提供を行っている会社になります。

パソコンを立ち上げる、または携帯電話をインターネットに繋げればYahooがトップページに出てくるという方も多いのではないでしょうか?Yahooでは、総合ニュース、経済、エンタメ、スポーツ、海外ニュースなど、最新のさまざまなのニュースを見る事が出来ます。

 

そんな、私達が日頃からお世話になっているYahooですが、Tポイントが貯まる年会費無料のクレジットカード、Yahoo!JAPANカードが発行されています。

このYahoo!JAPANカードですが、ショッピングでのポイント還元はもちろん、ヤフオクで落札代金を決済した場合には新品・中古を問わず補償の対象になるなど、さまざまな特典が付いています。

特に、ヤフオクでの補償は、顔が見えない相手との取引において万が一の事態に備えるという意味ではかなりの安心感がありますので、今回の記事ではYahooクレジットカード審査について説明しますね。

 

スポンサーリンク


Yahooクレジットカード審査

ここからは、Yahoo!やヤフオクを利用している方には必須のYahooクレジットカード審査について説明します。

 

Yahooクレジットカードの申込条件とは?

日頃からYahoo!を使っている方は是非とも欲しいYahooクレジットカードですが、その申込条件は下記の通りです。

18歳以上で安定した継続収入のある方。

ただ、本人が無収入でも配偶者に収入のある方や学生(高校生を除く)の方でも申込可能となっています。(未成年者は有職・学生にかかわらず親権者の同意が必要です。)まあ、クレジットカード審査において安定した継続収入は最低限の申込条件になりますので、この申込条件は当たり前と言えますね。

 

ワイジェイカードの加盟信用機関とは?

Yahoo!JAPANカードですが、これはワイジェイカード株式会社が審査・発行を行っています。そして、ワイジェイカード株式会社が加盟している個人信用情報機関ですが、CICとJICCになっていますね。

ですので、当然ですがCICやJICCに登録されている信用情報に悪い情報(延滞や債務整理)が登録されていた場合には、Yahooクレジットカード審査で落ちる可能性が非常に高くなりますので注意が必要です。

 

それと、このワイジェイカードですが、1つ注意しておかなければならない点があります。それは、ワイジェイカードの歴史が国内信販→楽天KC→KCカード→ワイジェイカードになっている事です。

つまり、過去に国内信販や楽天KCで延滞や債務整理を行っていた場合には、その情報が自社ブラックに登録されている可能性が高くなりますので、当然ですがYahoo!JAPANカード審査に落ちる可能性が高いのです。

ですので、過去に国内信販や楽天KCで金融事故を起こしている方は、申込自体辞めた方が良いかと思います。(無駄な申込情報の登録を避けるため)

※関連記事クレジットカード審査の自社ブラックの意味と期間を教えて下さい

 

Yahooクレジットカード審査での必須事項とは?

このYahoo!JAPANカードですが、申込条件にもありますが、本人が無職でも配偶者に収入がある方や学生でも申込可能となっていますので、クレジットカード審査の難易度としてはそれほど高いという訳ではありません。

ですので、居住年数や勤続年数、さらには年収が一定水準以上であれば、問題なくクレジットカード審査に通る事は十分可能です。

 

Tポイントが一番貯まるYahoo!JAPANカード



Yahooクレジットカード審査の口コミ

このYahooカードの口コミですが、学生から会社員、パート・アルバイトなど各業種でのクレジットカード審査可決情報がかなり多いので、他社カードと比べて幅広く顧客獲得を目指している傾向があるようですね。

また、KSCの信用情報に事故情報が登録されていても、CICやJICCに一定期間良好なクレジットヒストリーがあれば審査に通っているようなので、KSCに現在進行形の事故情報が無ければ問題ないようです。

※関連記事クレジットカード審査で居住形態や居住年数はどう見られている?
※関連記事クレジットカード審査で勤続年数はどれくらい必要ですか?
※関連記事信用情報交流ネットワークのCRINではどの情報が交流されている?

 

まあ、KSCは銀行系金融会社が加盟している信用情報機関なので、CICとJICCに加盟しているワイジェイカードではその延滞情報を見ることが出来ませんので、これは納得ですね。

CICやJICCとKSCとでは、加盟している金融会社の系統が微妙に異なりますので、クレジットカード審査に通らない方はこの違いを利用する事も必要になると思いますよ。

 

スポンサーリンク






最短即日発行のクレジットカードはこれ



サブコンテンツ

このページの先頭へ